にゃんこ先生と黒豆が、どうやら毛球症なるものになってしまった…

4日前、先生のご飯の食べ方がおかしくなった。

首を振りながら、そしてたまにえずきながら、とても食べにくそうにしており、
すぐに食べるのをやめてしまう。

口を前足でかきかきし、しきりに気にしている。

DSCF9054[1]
              あぁ~っキモチワルイワルイ…

とうとう歯肉炎が歯周病へと悪化し痛み出した!もしくは口内炎か!と焦った。

6年ほど前に受けた健康診断で、先生の歯にびっちり歯石がついており、
軽度の歯肉炎になっていることが発覚した。


猫飼いベテランの方は知っておられるだろうが、猫の口内炎、歯周病はとても
やっかいで、これが原因でご飯が食べられなくなり、衰弱死もある。
完治は難しく、最終手段は抜歯。抜歯しても数年後に歯周病再発の例もあるらしい。

先生の場合、まだ痛みが出る程ではなかったので、歯石をこれ以上増やさないよう
それからは毎晩歯磨きし、定期的に「コロイダルシルバー」なる天然の抗生物質を
ぽちっとお口に垂らしてケアしていた。

黒豆は、ほぼ同じ年で小さい頃から全く同じものを食べていたのに、ほんのちょっと
しか歯石はついていないし、19歳目前で旅立ったぼん太郎も何のケアをしなくても
綺麗な歯をしていた。
体質や口腔内の構造、歯の生え方で、ケアが必要な子、いらない子がいるようだ。


そんな事から、慌てて先生の口腔内をチェックしたが、今までより悪くなっている様子も
見られない…が、なにかしらのおくちトラブルと思い込み、病院へ連れて行ったところ、
先生(獣医)も痛みがでるほどの歯周病にはなっていないけど?と首をひねった。

DSCF9051[1]

これは病院でうま口を開けてくれなかった時のために撮影したもの。
奥歯は歯石にうずもれ、もう先っぽしか見えていない…


そこで色々質問され、先生の判断は「お腹に毛玉がたまってるのでは」というもの。

「ラキサトーン」なる毛玉除去剤を処方され、家路に着くと、なんとその夜、黒豆まで
先生とまったく同じ症状になった。

食べたい素振りは見せるのにえずいて食べられない2匹を見ているのは辛かった。

ここのところ連続の保護ねこ騒ぎで先住ねこたちのケア、ブラッシンを怠っていた…
それに10歳オーバーの先生と黒豆には、仔猫が入れ代わり立ち代わりの環境が
多少なりともストレスになり、グルーミングが増えていたかもしれない。

本当に申し訳ないことをした。

ラキサトーンは黒蜜のような形状と香り、ワックスのような成分でお腹にたまった
毛玉の滑りをよくし、うん○と一緒に排出させるというもの。

好きな子はペロペロ舐めるそうだが、先生はちょっと拒否、黒豆は猛烈に拒否。

食べたいのに、えずいて食べられない…すっかり元気をなくしている2匹を見ているのは
辛かったが、嫌がる2匹を押さえ込み、口にラキサトーンをねじ込むのも辛かった。


あれ以来、抱っこをすると警戒心バリバリのイカ耳黒ちゃんに…(´・_・`)
DSCF9113[1]
                よくもあんなものをっ

が、そんなことは言っていられない。
自力で毛玉が出なければ、開腹手術で毛玉を取り出すことになるのだ。

うん○も2日間出ていなかったので、ネットで見つけた便秘マッサージも必死で行った。

そして、昨日からえずくことなくご飯が食べられるようになり、うん○も出た…
よかった~っ。

若い猫ならまだしもシルバーの域に入る先生と黒豆は色々、気を付けてあげねば…


と、いう訳でして、いきなりですが、この辺でブログをいったん終わります。

3日坊主の更新で終わっていたこのブログを再開したのは、保護した仔猫の里親
探しをブログでもできないか、ということからで、次々に現れた4匹のうち2匹は
うちの子になり、2匹にはそれぞれとても良いご縁があった。

自慢ではないが、私は旅行に行っても写真は人任せというズボラ人間だ。
ブログの写真を撮るのも一苦労だし、文章は…だらだら長く(今回もヒドいな~)
時間がかかる。

ブログに割く時間を6匹にもなった猫たちのケアに使おう。

このブログに遊びに来てくださった方々、ありがとうございました。

諸事情変わりましたら、またふらっと再開していることもあるかもしれませんが…

ご縁がありましたらまた!

DSCF8787[1]
みなさ~ん!ぼんさんってばかっこいいこと言ってもすけど、ただの飽き性ですから~  



最後にきなあんの母「マダムまんだら」も登場させておこう。
手術後、すっかり肉付きも良くなり毛もふさふさになった…
DSCF9083[1]
                 〆がナゼあたし?




スポンサーサイト

12/07|お知らせコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
先生と黒豆が元気になって良かったですね!
最近、あまり姿が見えない天之助も気になっていたところですが、やっぱり6匹あたりになると大変ですね(>_<)
そですね、年の瀬にも入った中で、ぼんさんも今回はあせって、大変だったと思いますが、無理しないでくださいね(T_T)
毎回、返事も書いて頂いてありがとーございました(><*)ノ~~~~~
From: Lチキ * 2015/12/07 02:04 * URL * [Edit] *  top↑
Re: タイトルなし
「さよ~なら~」みたいなコメントを頂くと続けたくなってしまう…
まさにB型あまのじゃくぼんたろう…

いやいや、ほんとにとりあえず終わりますが、コメント頂けるのは
嬉しかったです。(ちゃんと見てくれてる人が居るんだ~ってわかって)

こちらこそありがとうございましたm(_ _)m

お互いこれからも猫Life、楽しみましょうね~♪
From: ぼん * 2015/12/07 12:58 * URL * [Edit] *  top↑
毛球症のおはなしがあったので、、、

うちのもフード切り替えの前は定期的にラキサトーンをあげていました。
黒蜜のような香りとは裏腹にまずいんですよ、あれ。
口の中に油膜が拡がる感覚です。
(開封直後になめてみました(苦笑))

味見するまでは上あごにすりつけていたのですが、
味見あとからはシリンジでピュッとすませるようにしています。

お互い長毛さんはたいへんですね
From: にゃこー * 2017/01/17 21:46 * URL * [Edit] *  top↑
Re: タイトルなし
あら!にゃこーさん‼
コメントありがとうございます♥

ラキサトーンなめたんですか~
ブロ友さんで猫が泡を吹くほど苦いと言われる
コクシジウムの薬、バイコックスを味見した人は
いましたが~(^ ^;
(人間にはさほど苦くなかったそうです(;^ω^))

そっか…ラキサトーンはそんな感じで嫌がるんですね。
なるほど!シリンジ‼
のどの奥にぴゅっと入れてあげれば、ましかもしれませんね!
良い情報、ありがとうございます♪

にゃこーさんちの長毛S'は、もふ具合すごそうですもんね(;´・ω・)
From: ぼん * 2017/01/18 17:10 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

ぼん

Author:ぼん
のぞいてくれてありがとう。
ゆっくりしてってね~。

ねこたち

***あの世組***

ぼん太郎

ぼん太郎・♂・1995年9月→2014年6月20日(享年18歳10か月):病院で中性的だね~とおねぇ疑惑をかけられたことがある


***この世組***

にゃんこ先生

にゃんこ先生・♂・2004年9月
やんちゃだが小さなことは気にしないおおらかさが受けて全猫に慕われる(好き勝手にされる)


黒豆

黒豆・♀・2005年4月
強引でびびり~。にゃんこ先生を母?としたいやりたい放題。怒ると美川憲一のような顔になる


はちこ

はちこ・♀・2011年10月
独立心旺盛で強気なのにびびり~。小柄だが日に日に鏡餅のような顔と体型に近づいている


天之助

天之助・♂・2014年10月
ピカイチの美形だが空気が読めず年上ネコ達に嫌われる。残念な子。


きなこ

きなこ・♂・2015年5月
天真爛漫、世渡り上手のこれぞ茶トラ。あんこの兄(弟?)


あんこ

あんこ・♀・2015年5月
ガラスのココロでまだまだ家猫修行中。きなこの妹(姉?)

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR