上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
こんにちは。ぼんです。

我が家は全員、生き物好きなほうだったが、勝手口に毎夕ご飯を食べにくるノラ猫たちが
居たくらいで、ずっと犬猫たちと一緒に暮らしていたという訳ではなかった。
なぜなら上手に育てられなかったから。

小さなころ、私が子猫を1回、姉が1回拾ってきたことがあった。
ひよこを家の中で放し飼い(今考えると無茶なことを)していたことも2回ほどある。
知り合いから貰った柴犬の子犬を飼っていたこともある。

でもみんな不注意から死なせしまった。 それもほんの小さいうちに…。

そしてとうとう母が「生き物禁止令」を出し、それ以来うちでは生き物を飼ったことが
なかった。

一人暮らしを始めてしばらく経った頃「ぼん太郎」に出会った。
知り合いが保護したのはいいが飼える状況ではなく貰い手を探しているとのことで、
私は何も深く考えず「欲しい!」の気持ちだけで、速攻引き取った。
今思えば、ひとつの命を預かる責任感、生き物と暮らすための心構え、知識など全く
持っていなかった。

ぼん太郎が少しづつ全部教えてくれた。

2才を過ぎたころ尿道結石になり尿道拡張工事をした後は、全くの病気知らずで少し
腎臓の数値が悪い(療法食に切り替える程度)だけで、18才を過ぎても他の猫たちと
運動会をするほど元気だったぼん太郎。

私の都合で途中、実家に引き取られたり、7回も引っ越しに付き合わせたのに全く
平常心を失わなかった神経の太いぼん太郎。

わしのもんじゃ ほげ~  

一時預かっていた子猫にお乳を吸われても(♂なのに)じっと耐え、それどころか子猫が
近づくと、諦めたように自らお腹を見せて寝ころんでいた懐の深いぼん太郎。

いつもいの一番に食べ終わり、まだ食べている他の猫の食事姿をじぃっと間近で見つめ
「残してくれるかな…」と正面からプレッシャーをかける、食い意地ハンパなかったぼん太郎。

かわゆいのぅ 全部食うのかのぅ…  

寒くなると人の手をペロッとなめ「お邪魔してもいいっすか」とお伺いを立ててから、
ヒザにのってきた控えめなぼん太郎。

小さな小さな米粒ほどの羽虫がおでこにとまり、びっくりした拍子に二本足で立ち
上がり、思い切りそのまま後ろに倒れたまぬけなぼん太郎。

な~むぅ  いいんじゃよ…

スクーターが盗まれ、うちに警官が来たとき、警官の穴の開いた靴下に顔を擦り付け、
足から離れず、みんなが気まずい空気になったほど、フレンドリーで臭い足が大好き
だったぼん太郎。

最高じゃ~

19歳を目前にして肥大性心筋症から肺水腫になってしまい天国へと旅立ってしまった
ぼん太郎。

この辺ええ臭さじゃのぅ  わしの好みのスメルじゃないのぅ

発病後、なかなかご飯が食べられなくなったぼん太郎だったけど旅立つ前の晩、
大好きなマグロを一切れ、お腹にいれることができたよね。

     ぼんちゃん、あのマグロ美味しかった?

              さんきゅーじゃ 
              マグロはいついかなる時もうまいもんじゃよ…  

スポンサーサイト
01/13|にゃんヒストリーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
にゃんこ先生と黒豆は、半年ほどしか年は違わない。
なのに黒豆はにゃんこ先生を母のように慕う。(いや先生は♂だから…)
それほど先生は優しいのだ。
何をやっても許してくれる。諦めて譲ってくれるから黒豆は調子に乗る。
「動かないでっ」「はいぃ…」 
 先生との出会いは当時住んでいたマンションのゴミ捨て場。
まだヨコ耳の生後2~3週間ほど、可愛くて小さな子猫だった。

その時、私は実家を離れ一人暮らし。(ぼん太郎は実家に残していた)
すぐさま部屋に連れ帰り、子猫用ミルクと哺乳瓶を飼いに走ったのをつい最近のことのように思い出す。
 満腹ですぅ   
黒豆との出会いは、その約半年後。

当時の勤務地であったダム周辺の山中で木の根っこをかじっていた所を巡視中に
見つけられ管理所に連れ帰られえる。生後2か月ほどだった。
しかし、引き取り手がなく、私も先生を拾ったばかりで余裕がなかったため、
どうしたものかと悩んでいるうちにGWが近づき、途端に梅雨入り…。
とりあえず休み中だけでも、と連れ帰ったのが現在まで至っている。

ハングリーぢゃないと生きる資格なしっ 
こういっちゃ悪いが、黒豆は目つきの悪い不細工な子猫だった…。

山中でどれくらいの間、一人でいたのかわからないが、山の暮らしが彼女をそうさせた
のか、はたまた生まれつきなのか、逞しい子猫だった。
1日でネズミのおもちゃの皮を剥ぎプラスチックの塊にさせたし、ヒモで遊べば食いつい
て離さず、魚釣り状態で空中をブラブラしていた…。

先生とは全く対照的な子猫で、それはそれで面白かった。

先生もまたぼんちゃんと同じく、♂なのに(生後半年なのに)黒豆にお乳を吸われ、
されるがままになっていた。
あたしを守りなさいっ     
黒豆はお客が来るとダッシュで隠れる少し神経質な子に育ったが、先生への強引さは
昔も今も変わらない。

何人たりとも渡さないわっ 

先生を好きにしていいのは、あたしだけ~と思ってるに違いない。

美しいって罪よね  
              美しく育ったでしょっ
                 はいぃ…

01/14|にゃんヒストリーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
はちこは、少しかわいそうな子のような気がしてならない。
まさに兄弟が多い中での「中間っこ」のような感じ。

中間っこ…それは上の子ほど構われず、下の子ほど甘やかされず、すこしやさぐれた
風情で「いいから!一人でも生きていけるからっ‼」ってなイメージ。
カメラ、うざっ 
いや、多くの親は子供はみんな平等に可愛いというが、猫飼いとて同じ。
みなそれぞれ個性があって、それぞれ可愛い。
が、確かに構ってあげる時間が少なかったような~
名前もみんなと比べて適当につけたような~…と正直うしろめたさも感じている。

はちことの出会いは、近所の店舗のゴミ捨て場。
すんごい大声で「みゃーみゃー」鳴いていた。周りに親らしき猫も居ないし痩せていた。
 飯食わせろ~~  
しかしその頃、ぼん太郎が加齢と共に往年のフレンドリーさが薄れ、少し気難しくなり
おまけに黒豆とどうも馬が合わず、少しピリピリムード。
ぼんじぃさんに更にストレスを与えるのは…と思い、保護して里親を探すつもりだった。

なので先生に事情を説明し、年齢的に早いが検査をお願いした。
その結果、猫エイズ陽性。もう、どうしたものかと悩みましたよ…。

実は先輩3匹は、猫エイズも白血病も検査したことがなかった。
お恥ずかしい話だが、その当時、私に知識がなかったからである。

ぼん太郎と先生は1匹飼いスタートだったが、なんの検査もせず黒豆を先生と合流させ、
無事なんともなかったのは幸いであった。

はちこの検査結果を受け里親探しは諦め、うちで引き取ることに決めたはいいが
他の3匹との同居をどうしたものか、ネットでも情報を集めた。
この大きい猫が勝手に来たのっ
キャリアの子とそうでない子は別室で生活させて万全の策を取っている方もいるし、
最低限の注意で一緒に生活させている方もいる。

悩みに悩んだ末、お皿や水の共有を避け一緒に生活させる方を選択した。

子猫の場合は生後半年経たないと、本当の結果は出ないことに一縷の望みはある。
が、もちろん半年後も陽性である覚悟も持ち、はちこの同居生活はスタート。

結果…
2回目の検査、がっくしの「陽性」

3回目の結果、まじっすか~~~の「陰性」

いやはや、スタートから人騒がせなはちこであったが、よかったよかった!
別に寂しくなんかないからっ 
          別に一人でも生きていけたけどねっ
01/15|にゃんヒストリーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
天之助は、うちに来てまだ3か月半。
なので性格的にどう育つのか、まだまだ楽しみなところであるが、今のところ
結構な気性の持ち主っぽい。面構えも不敵である。
65.jpg
              俺プリンスだから

黒豆やはちこに「ヴーッ」とうなられても、全くお構いなしに飛び掛かっていく。
後ろ足や首根っこに齧り付く姿は、仔猫といえども相手の急所をよく知っているな~
と感心する。優しい先生に対しては、もうやりたい放題し放題。

少し将来が心配される天之助との出会いは仕事帰り、車がビュンビュン走る国道の路肩。
信号待ちで止まった時に仔猫の鳴き声が聞こえた気がした。

まさか?と外を見るとちっさいちっさい仔猫がヨタヨタしている。
ひぇ~~~~こんなところにっ!っと思った瞬間、信号が青に変わり発信せざるを
得なかった。
慌てて車が止められる場所まで移動し、走ってその場所まで戻ると歩道の植え込みに
うずくまっていた。
69.jpg 
              

ちょうどぼん太郎が旅だって4か月、もう増やすまいと思ってる反面、心にぽっかり穴が
できていた時だった。今、出会ってしまったら無条件に連れ帰ってしまうだろうな…
と思っていた矢先の出来事だった。

案の定、そのまま病院に直行した。
生後1か月ほどで男の子。「ぼんちゃんと同じ♂か~」と顔はほころんでいたと思う。

しかし、そのあとが大変だった。天之助は真菌とコクシジウムを飼っていたのである。
先生から、とりあえず他の猫との1か月の隔離を言い渡された。

 70.jpg
             だから~俺、プリンスだから

真菌用の塗り薬とコクシ退治の飲み薬を続けたがなかなか良くならず、毎日部屋の
掃除をし、布類は熱湯とハイターの両刀漬けにしたりと大忙しだった。
空気清浄機や真菌にも効果があるという除菌スプレーも購入した。
おまけに日々成長し、どんどんやんちゃになる天之助さまの遊び相手を毎朝1時間
早起きし、務めさせて頂いた。

結局、同部屋GOサインが出るまで二か月近くかかったが、天之助のもっと遊びたい~、
部屋から出たい~!という欲求はもう限界まで達しようとしていたので、
本当にほっとした。
63.jpg
                俺プリンスなのに…

大人猫たちと一緒になってからの天之助は、もう嬉しくて嬉しくてしょうがない様子で
そのはしゃぎっぷりは天井知らず…。
おまけにものすごい食欲で成長も早い。小柄なはちこなどは、差し込まれて逃げ回って
いる。ごめんよ…はちこ。
72.jpg 
                 とぉりゃぁっ~


天之助だが、どうやらちょっと上等猫の血が混じっているような感じがする。
模様はアメショでお馴染みのクラシックタビーで、耳毛はふさふさ。
きりっとした顔立ちで口元が四角く、なんとなくメインクーンを彷彿させる。
いや、メインクーンを写真でしか見たことがないので、頼りないカンではあるが、
どうも何をしていても気品が漂っている(気がする)。
67.jpg
           やっぱ俺プリンスね(鼻くそ付いてるけど)

ぼん太郎と先生はおまぬけで可愛い。黒豆はツンデレで可愛い。はちこは庶民的で
ちょっと不憫な雰囲気が可愛い。
みんなそれぞれ可愛いよ~。見た目じゃないんだよ~と、天之助を可愛がったあとに
慌てて3匹に言い訳する…これがそもそも贔屓であると反省。

しかし、天之助との出会いは、いつもなら通らない時間帯、いつもなら使わない帰宅路、
であった。そしてあの信号にかからなければ、車の窓を開けていなければ出会わなかった
はずだ。本当に偶然が重なった。

ひ弱そうな仔猫だったので(現在はとんでもないが)、天国にいるぼん太郎にも助けて
もらって元気に育ちますように・・・との思いで「天之助」と名付けた。


プリンスなのはわかったから天ちゃん、あんまりはちこをいじめないでやって下さいな。
71.jpg
          コイツ、まんまるでおもしれぇ~んだよな

01/25|にゃんヒストリーコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ぼん

Author:ぼん
のぞいてくれてありがとう。
ゆっくりしてってね~。

ねこたち

***あの世組***

ぼん太郎

ぼん太郎・♂・1995年9月→2014年6月20日(享年18歳10か月):病院で中性的だね~とおねぇ疑惑をかけられたことがある


***この世組***

にゃんこ先生

にゃんこ先生・♂・2004年9月
やんちゃだが小さなことは気にしないおおらかさが受けて全猫に慕われる(好き勝手にされる)


黒豆

黒豆・♀・2005年4月
強引でびびり~。にゃんこ先生を母?としたいやりたい放題。怒ると美川憲一のような顔になる


はちこ

はちこ・♀・2011年10月
独立心旺盛で強気なのにびびり~。小柄だが日に日に鏡餅のような顔と体型に近づいている


天之助

天之助・♂・2014年10月
ピカイチの美形だが空気が読めず年上ネコ達に嫌われる。残念な子。


きなこ

きなこ・♂・2015年5月
天真爛漫、世渡り上手のこれぞ茶トラ。あんこの兄(弟?)


あんこ

あんこ・♀・2015年5月
ガラスのココロでまだまだ家猫修行中。きなこの妹(姉?)

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。