上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

え~と2ヶ月ぶりか…
イロイロあったな~。

しし丸のトライアル・婿入り・またまた仔猫保護…


詳しくはコチラで↓
「ネコジルシの猫日記リスト~ぼんたろう」



って、ヒドイな~。
いや、でもあっちの方が猫バカわんさかで面白いし、しし丸の里親さんも

日記始めてくれたし、おまけになんとBJの里親さんまで!




しし丸96さん(しし丸)


IMG_20170504_115051_374.jpg





BJの同居人さん(BJ)


S0049021[1]





ピース(ガリレオン)の里親さんが始めたのがきっかけで、私も参加したのですが、

見るのも書くのも楽しくなっちゃいました(つってもあっちでも更新まばらですが…)




アヤンティさん(ピース)


DSC_0391.jpg





しし丸さんは新しいおうちに旅立って1か月半経ちました。

しし丸とは約半年と保護期間が長かったこともあり、別れは本当にきつかった…

でも理想的な家族と環境が見つかったのだから、自分の気持ちよりなにより

しし丸さんにとって…と考えるよう頑張りました。




それでも居なくなって、日に何回かは思い出し「ふぅ」となっておりましたが、

しし丸さんトライアル成功→ほぼ婿入り決定の翌日にこの子がやってきました…




DSC_2170.jpg



詳しくはコチラで↓

「パンチのきいた天使さん…」




ネコジルシのまわし者か?

いえいえ…
でもずぼらな私が2つも管理するのは到底、ムリなのでとりあえず当分は

あちらだけの更新になります!



気に留めて頂ける方はあちらを覗いて下さいね~♪







スポンサーサイト
07/07|にゃんこ先生コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

昨日、キンチョー(しし丸が)の初お見合い、無事終わりました。

(お見合い中の写真はありません~余裕がなかったもので~)


20170425_204612267.jpg

【珍しくしおらしい感じのしし丸さん】



遠くからはるばる訪ねて下さったのは、とても上品で素敵なお母様と

私と同年代の優しい雰囲気の娘さんのAさん親子。



当のしし丸さんといえば、ほぼキャットタワーの中段に縮こまって

見事なダメダメっぷり…



食いしん坊の名に恥じずチュールを見た時だけ、飛んできてAさんの

指からペロペロ。無くなるとそそくさとキャットタワーへ。



さらに途中からは眠気に勝てず、眠りこけておりました…
(この辺りは妙に大物っぷり発揮)

まぁ、私の猫友も加えての4人の人間に囲まれるなどということは

彼にとって初めての経験。

しょうがないっちゃぁしょうがない。

可愛さアピールなど全くできず、ただただそこに居るだけ~。


普通ならアウトーって感じです…



しかしAさん親子は違われました!

このビビりでヘタレでワガママなところがいいと…
見た目もとっても可愛い!可愛い!と…


20170424_203713929.jpg


保護主バカの目を持ってしても思わず「ほっ?ほんとに可愛いですか?!」と

聞いてしまいました。(だって一般的に見るとそんな…モゴモゴ)



あ!以前コメント頂いたLチキさんの返信に「亡くなった子に似てる~とか

ない限り里親さん探しは難しいかも…」と冗談っぽく書いておりましたが、

本当にそんな奇跡が起こりました。



DSC_1862.jpg

【膝に乗りたいのに立膝で意地悪されてる顔♪】

(私はちょっとSっ気がある!)




不思議なご縁は「猫」ではなく「犬」でしたが…

8年前に17歳で旅立ったわんこさんの性格が、しし丸さんと似ていて

手の掛かる子だったそうで、今回連絡を下さったのもそこがまずココロに

引っかかったそうです。


もともと犬も猫も好きだったそうですが、先代のわんこさんが友犬ダメ!

ましてやにゃんこなど!という性格だったため、猫の保護を見送ったことも

あるそうで、先代わんこさんは本当に大切に家族の一員として最後の時まで

手厚くお世話されたようでした。

(なんでも一日5回、散歩に行かれていたとか…)


20170430_003047815.jpg

【昨晩、たっぷりなでなでして貰った~♪】




動物たちは一緒に暮すヒトによって運命が大きく左右されますよね。
繋ぎっぱなしで散歩にも連れて行ってもらえず、ただただご飯を与えられるだけで

一日中うずくまっているわんこ…それどころか家族の一員のはずの子を平気で

保険所に持ち込む人も…



ひどい話はたくさんあります。


ひどい人間はたくさんいます。


そんな中でAさん親子のような素敵な方と出会えたしし丸さんも強運の持ち主です。



もちろんまだこれからトライアルをしてからのお話しですが、こんな方がいると

わかっただけでも嬉しい気持ちがほわ~っと広がります。



GW中に脱走対策やしし丸を迎える準備をして下さるそうで整い次第、しし丸さん

トライアル出発です!

さてさてビビりでヘタレでワガママなしし丸さん、どうなりますことやら~


DSC_1712.jpg

おれはやるときゃやるオトコだぜ~


ホントか…?!






05/01|にゃんこ先生コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

いや~にゃんにゃんにゃんの日から早くも35日か…

放置も甚だしいが年を取ると、3年前のことでもつい最近のように感じるし、ましてや35日前など昨日の事のようである…のである!断じてそうなのである!!


って、ムリクリ感満載ですが、久々の更新の訳は「事」が動いたからであります!

うちにお入りになって早5か月近く、しし丸さんが今週日曜、初お見合いを致します!



IMG_20170410_193925_153.jpg

顔が肉厚のせいか、猫にしては奥目のせいか目をつぶると朝青竜のような顔になる…

♥こちらMAXブサイクあくび顔 ♥




実は、1カ月ほど前にも里親探しサイトを通じて、1件ご応募頂いていたのですが小学校前の小さいお子さんが3人もいらっしゃるおうちでして、物音に敏感でビビりでトンがった(でも甘えん坊の)しし丸にはムリムリ…と見合わさせて頂きました。


今回、ご応募下さったのは大人2名の落ち着いたおうちから。
かねがねしし丸には静かなおうちが向いてるだろうな~と思っていたので、願ったりの環境です。



Fotor_14930325999190.jpg

【遊ぶのは大好きだが食いしん坊が上回って最近「ポテポテ」に拍車がかかっている…】




ただお相手の方は、17年間犬と暮らした経験はあるものの猫は初めてとのことで、私としし丸的には初めてだろうが何だろうが問題ではないのですが、相手の方には果たして初めての猫がこのしし丸さんでいいんだろうか?…と。



一般的には可愛い仔猫を好む人が多いし、初めてともなるとなおさら…
おまけに個性的なしし丸さん…もっと(見た目)可愛い(性格の)良い子もいるだろうに…


そこんところが心配で確認すると、以前一緒に暮したわんこが犬嫌いの怖がりだったそうで、サイトのしし丸の紹介文を見て妙に気になったそう。で、2日間考えた末、もしうちを気にいってくれたらうちの子に…と連絡をくれたとの事。



いやぁ…真面目に「亡くなった子に似てるんです」とかそんな理由がないと、しし丸さんに応募は来ないんではないかと思っておりました…。

…ありがたいお話でございます(-人-)



1515.jpg

馬鹿言ってもらっちゃ困るぜ~俺さま結構イケニャンなんだぜ~(杉ちゃん元気かな…)



まぁ実際に会って接してみないことには、相手の方がしし丸さんをお気に召してくださるかどうか解りませんし、50:50の気持ちで!




さてさて、うちのにゃんこサマ達ですが…これと言った事件もなく日々まったり過ごしております。



【空中ベットでご満悦寝…と思いきや~】

IMG_20170415_155546_023.jpg



【庭をセコム中でした~】

DSC_1790.jpg






ひっつき虫きなこ、お昼寝中の天の助の邪魔をする…


DSC_1730.jpg




案の定、怒りのヘッドロック!しかしきなこは〆られて嬉しいらしい♪


DSC_1732.jpg





暑いのにテラスの三つ折りサマーベッドでお昼寝中のにゃんこ先生

DSC_1665.jpg



30分後…(はちこさん順番待ち、ここは人気スポット)

DSC_1754.jpg



1時間後…(顔が熱くなった模様…)

DSC_1759.jpg




猫飼いの皆さま、これから恐怖の「換毛期」ですね~。

毛球症の心配もありますから、こまめなブラッシング♪ブラッシング♪


DSC_1753.jpg

ブラッシングダイスキ~ぽふぽふ~♥





巷の人気ブログが毎日更新の日刊紙なら、読んでくれるヒトが居るか居ないかわからないこのブログは月一更新の月刊誌…でも日刊紙より写真も文章も多くて濃ゆいのだ!
…そのうち季刊紙、いや年刊紙になったりしてな~。
そうなると中身は超大作歴史猫ロマン!…んなものダレが読むかっ(- -)


DSC_1634.jpg

んじゃもっとコマメに更新すれば?


04/27|にゃんこ先生コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

今年は猫の日にうち猫そと猫、総勢11匹にまぐろのお刺身を進呈した。
といってもお財布事情から「ホン」ではなく「トンボ」だが…


さっ皆さん!沖縄近海ちゅらまぐろ(トンボ)を堪能してくれたまえ~♪


しかしまぁ食べるのが早い子、遅い子、上手な子、下手くそな子、さまざまである。


ぶっちぎりの1番は黒豆。
黒豆は噛まずに丸のみする派(だからお手入れ不要なほど歯がきれいなのかな?!)
大きな塊もごっくんごっくん飲み込んで、見ていても気持ちがいい食べっぷり!

早すぎて撮ろうと思った時には食べ終わっていた!


DSC_1487.jpg

↑これは先生のを横取り中




天ちゃんは慎重派で、美味しいものかどうか見極めるまでちょっと時間がかかるがOK!

となると食べるのは上手で早い。

ten1.jpg

う~ん…? お!イケる♥



はっちゃんもよく噛む派なので早くはないが食いしん坊なので一生懸命食べる。


hati1.jpg

ハムハムハム♪


あんこちんは小柄のくせに、ごっくん派で見事な食べっぷり。

あっという間に完食!


DSC_1505.jpg

↑あんこちん、完全にもっと持って来い顔



対して、兄のきなこはよく噛む派のうえに、よそのお皿が気になりあちこち顔を

突っ込んでよけいに遅くなる。


kina1.jpg

どれも同じとわかると、やっとこさ食べ始める(いちいち皿から出さないで欲しい)



しかしぶっちぎりのべべたんこはにゃんこ先生。

確かににゃんこ先生は口が小さいし、ものすごくよく噛む派。

小さく切ってあげているのだが、口に入れては半分出してぽろぽろこぼす…
そりゃ黒ちゃんに取られるわ…


DSC_1491.jpg

フングフングフング(必死)


本猫は一生懸命食べているので、せかしてはいけない!



shishi1.jpg

うまいね~でもこれトンボだね~(違いの分かる男)


美味しそうにがっついておりましたが、しし丸さんは(トンボ)まぐろは

食べたことあるのかな~?




お外組のちょこまかコンビもお行儀よく完食


DSC_1494.jpg

さすがあんこちんのママ(マカ)も食べるのが上手で早い!



遅れてやってきた鼻ちゃんも思わぬ御馳走に一心不乱。


hana1.jpg




しかしみんな、なかなかお顔を上げてくれず気づけばこんな写真ばかり…



170223_1155-01.jpg


ぼすおは当日、早く来すぎてまぐろにありつけなかったので翌朝10時ごろに母より進呈。
聞いたことが無いような声を発しながら頬張っていたそうな…見たかったな~

(Photo byぼん母)





翌日いつものカリカリを出した時の「もうまぐろはないのか?顔」2連発


DSC_1534.jpg



DSC_1547.jpg


結構な量を進呈したつもりだが、満足顔よりもっとくれ顔ばっか…

なんだかな~(。pω-。)




02/24|にゃんこたちコメント(10)トラックバック(0)TOP↑



しし丸さん、メンテナンスも終わり、去勢後スプレー行動も無くなったので里親募集を

開始します!


DSC_1410.jpg

↑おひざの上でなでられ待ちちゅ~(//>ω<)



先住猫の居ない静かなおうちで、飼い主さんの愛情を独り占めできる環境が

しし丸には一番向いています。
そんないいご縁が見つかるまで慌てずゆっくり、新しい家族を探したいと思います。


DSC_1441.jpg

↑おひざの上でなでられてご満喫ちゅ~(´ω`人)



☆特徴
 青い目にラグドール風の毛色。ふわふわの中毛。
 オス(去勢済)
 年齢不詳(歯の汚れ具合や様子から2~3才程度との診たて)



☆性格
 甘えん坊でヘタレでワガママ、ほっとかれるとちょっと拗ねます。
 イライラすると尻尾を振り回しだし、そんな時に構うとパンチが飛んでくるので注意!
 (「甘やかされて育った一人っ子」を想像していただければぴったりかと!)

 根っこはかなりの甘えん坊で、ぐいぐいヒザの上に乗って来て撫でられ待ちします。

 

 猫同士のコミュニケーションの取り方がわからないようで、仲良くしたいと近寄って

 いくのですが… 怒らせて嫌われます。

 ビビりのヘタレなので病院での診察時は暴れることなく、固まっていますので問題

 無しです。

 爪切りも膝でのナデナデであちらにイっている時には簡単に切らせてくれます。


☆健康
 エイズ・白血病ともに陰性
 血液検査でも問題無の健康体とのお墨付き
 (食いしん坊で食べ過ぎて軟便になることがあります)


DSC_1210-2_2017021712354432e.jpg

↑おひざに乗っけろ~とアピールちゅ~(ノω`*)ノ



問題っこといえば問題っこのしし丸さん。
でもしし丸がいい!と言っていただける方がいると信じたい!
みなさま、こんな甘えん坊で個性的なしし丸ですがいかがでしょうか?!



DSC_1220.jpg

俺サマ専用のおヒザ、募集ちゅ~♥




「ペットのおうち」

「ネコジルシ」 に掲載しています♪






★ お知らせ★


私も最近知ったのですが沖縄で多頭崩壊(飼い主さん死去)で残された40頭の猫たちを

たった5人のボランティアの方たちで3年間もお世話していたそうです。

(里子や死去で現在は22頭とのこと)


その方たちもそれぞれたくさんの保護猫と暮らしているので引き取ることはできず、

家屋を借り、家賃・光熱費・ご飯代・トイレ砂代・病院代・その他もろもろの経費を

分担してまかなっていたそうです。

金銭面でも大変な事ですが、シルバー猫たちがほとんどだそうで、お世話も並大抵の

ことではありません。本当に頭がさがります。


是非一度、ブログを覗いてみてください(´・_・`)

そして少しでも支援の輪が広がれば本当にうれしいです。


沖縄より 緊急SOS!!40頭 猫多頭崩壊







02/17|里親募集コメント(8)トラックバック(0)TOP↑

今年の冬は暖かい。
かと思えば急に寒くなったり、又あったかくなったり。

暦的には真冬だというのに庭の虫たちが一向に活動を休止してくれないので
苗を植えても植えてもすぐにかじられる。
かたつむりやケムシたち…このまま春になったら爆発的に増えそうだな。


こないだの土日は最高気温24~25℃と夏日に近かった。

外猫チョコさんもカゴの中でとろけている。


DSC_1240-2.jpg

ほんげ~




天気の良い日は庭に出るとどこからともなくチョカマカや鼻ちゃんが現れる。
どこから見張ってるんだろう…


DSC_1267-2.jpg

ナデテ、ナデテ~♥



しかし猫といえども長時間は日向にはおられないほどの暑さ。


DSC_1286-2.jpg

暑い暑い!ヒカゲヒカゲ!




家内ではうち猫たちがとろけている。


DSC_1231-2.jpg




小一時間ほど放牧されたしし丸もテラスでおっぴろげ…


DSC_1363-2_20170201162620714.jpg




窓ガラスに吸盤でくっつける式のベットを購入してみたが、ガラスがとても熱い。

50度くらいあるんじゃなかろうか。


IMG_20170122_190405.jpg

いんえイイ感じです♥



しかしこのベット、よくよく考えると取り付ける位置に苦労する。


冬はよく日の当たる場所でなければいけないし、夏は涼しいとこじゃないとダメだろうし、

高い位置に付けるには足場がないとさすがのにゃんこも飛び乗れないし。




こないだ出番の少ない黒豆さんの可愛い写真が撮れたので載せておこう。


おもちゃを咥えてきて、にゃーとも鳴かずにただただじっと私を見つめ

これで遊べと控え目に圧をかける黒豆さん。…カワイイ…かな?!


IMG_20170129_192640.jpg

ソコノモノ…コレデ ワレト アソブノダ…



あともいっこカワイイの。

毎朝、出勤する私を窓から見送るしし丸さん♥


DSC_1380-2.jpg


行ってらっさい!


おぅおぅ!行ってくるとも!稼いでくるとも~!





******************************



昔、若かりし頃は「暑いの大好き!暑いほど元気!」だったが年齢を重ねるにつれ、

肌がひんやり冷たく毛穴がキュッとするくらいの気温が好きになってきた。


もし宝くじが当たったら、北海道あたりに移住しようかな♪
このブログの舞台が北海道に変わったら「コイツ当たったな」と思ってください(´ェ`)


いや北海道は毛穴がキュッでは済まないか…







02/01|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

しし丸さんのタマ取り手術、無事完了!

ついでに血液検査で健康チェックも行い先生に「上等!」とお墨付きをもらった♪


IMG_20170127_214128.jpg

術後、約24hぶりの食事を済ませご満足顔



今回は、いつもならちょっとブルーな手術も待ち遠しかった。

5.5畳に閉じ込められて、はや60日。
最初は個室でまったりすごしていたしし丸さんも体力の回復と共に部屋の

外に居る子や様子に興味を示し出しアピールが激しくなってきていたからである。


IMG_20170126_204617.jpg

↑さよならしたブツ

 ※最初のころはもっと小さく干からびていた(去勢済みと間違えたほど)


そこで気を紛らわすために最近にゃんこ先生をしし丸の部屋に投入していたのだが、

しし丸さん、どうも他のネコとのお付き合いが上手でない様子。
もちろん敵意は示さないし、反対に興味津々で近寄って行こうとするのだが

それがどうもヘタクソ!
初対面の猫同士のルールや間合いの取り方などがてんでわかっていないようで、

多分そのせいで、結構だれにでもフレンドリーなはずの外猫鼻ちゃんたちにも

総スカンを食い、しまいにゃ嫌われていた…


たぶんずっと1匹で室内飼いされていたんだろうな。

おまけに行動がちょっと突拍子がないというか、ちょっと変わった子なのである…


ヒトに対してもブミャーブミャ―甘えてくるので、そうかそうかと撫でていると、

いきなり結構なパンチを繰り出してきたりして、ちょっと精神不安定気味。

最近だいぶマシになってきたが、早く心から安心して欲しいものである。


DSC_1210-2.jpg

根っこはかなりの甘えたさん♪



そんなしし丸さんのお相手という大役は、おおらかで新入りにも過敏に

反応しない先生が適役!

IMG_20161210_223053.jpg


天ちゃんは器が小さいし、きなこは甘え上手のわりに結構なチキンなので

初めてのヒト・ネコ・場所にはダメダメだし、もちろん警戒心と気の強い

女子たちは問題外。



先生、なんの躊躇もなくハナウタ交じりにテケテケと入室(そんな雰囲気)

しし丸、ダッシュで先生のもとへ

部屋をふんふん探検する先生のおケツに顔をうずめて後をついて回るしし丸

IMG_20170116_225031.jpg

おケツにしし丸がくっついたままでも意に介さず部屋をふんふん探検する先生
IMG_20170116_225752-3.jpg

5分ほどたった頃、しつこいしし丸に「ちょっといい加減にしてくれるぅ~?!」

とのんびりとした調子で振り返る先生

IMG_20170116_224837.jpg

見つめられたしし丸は、ビビり気味で挙動不審になる

「ふんっ」と少しご機嫌斜めになった先生が歩き出すと、またおケツの臭いを

嗅ぎにいくしし丸

DSC_1179-2.jpg



ずっとこんな調子でなかなか進展しない…
しつこく臭いを嗅ぐしし丸は、自分が嗅がれそうになるとびくびくしながら

サッと逃げる。
これには温和な先生もさすがに少しむっとしていた。

ま、未去勢のオスなのにケンカ腰でシャーフー行くような子じゃなくて

良かったのかもしれない。


手術は問題なく終わったが、パパイヤ熊先生いわく、取り出しに苦労するほど

玉の皮が厚く10歳並みだったとのこと。(年寄りになるほど厚くなるらしい)

ただ最初の頃、玉が委縮し縮んだような状態だったので、飢餓状態が続いた

ことが玉になんらかの影響があったのかもしれないし…



IMG_20170129_193601.jpg


しし丸の歯の汚れ加減や外見を見る限り2、3歳ほどだし、おもちゃへの反応や

好奇心の強さから考えると、まだまだ子供っぽいので推定2歳ということにしておきましょ。

誕生日は庭に現れた11月7日で!


とりあえずしし丸さんよ、頼むからスプレー癖治ってね~(。>ω<。)ノ










01/28|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

昨日、(ボロボ改め)しし丸の再検査に行ってまいりました。


IMG_20161228_133119.jpg



結果…

コクシジウム確認されず~(^ω^ ≡ ^ω^) やり~!


そしてついでにワクチンとウイルス検査もやってきた。

今までどこでどんな風に生きてきたか全くわからないし、庭に現れたときケガを

負っていたこともあり~ので、猫エイズや白血病ウイルスのキャリアである心配は

少なからずあった…


が!W陰性‼ ウイルス無し‼


しかし、パパイヤ熊先生「良かったね~なんかエイズ持ってそうな顔してたけどね~」

私「ほんとにね~♥」…って二人ともに失礼極まりないな…


そしてもひとつ失礼な出来事。

IMG_20170107_131055.jpg


帰ってきてから気づいた。

いや、ほんとに「陰性」だったんですよ…

熊先生も「良かったね~」って (´・ω・)

今度行ったら、書き直してもらってこよ!

※あんこきなこの同じ資料を見ると以前のは「陽性」と「陰性」の位置が逆だった。

 そのせいでスッタッフ~の方が間違ったようだ。


でもホントにいがった…

これでリビングデビューも可能になったわけで!

しかし成ネコの場合、ほかの子たちといきなり合流というのも難しいので、

昨日、ほかの子を追い出したキャットテラスで1時間ほど日向ぼっこさせてみた。


IMG_20170107_140500.jpg



ふんふんふんふんと一生懸命、あちこち匂いを嗅いで納得後、まったりと

お外を眺め始めた。

保護部屋は北東で日当たりイマイチなので、今のうちに思いっきりお日様を

浴びてくれたまえ!


と、その後が悪かった。

おもむろに尻尾を上げて、テラスの隅っこでお尻をぷるぷるぷる~…○| ̄|_

ほんの少ししか出ていなかったが、スプレーされてしまった。


保護部屋では一度もないのに、やはりほかの子の匂いに刺激され、縄張り本能が

出てしまったのか…


可愛そうだが、今月末予定の去勢手術が終わるまでは放牧できなさそう。


一枚目の写真のしし丸の向こう側はこんな感じ↓

DSC_1103.jpg


いつもほんのちょびっとの隙間から、ほかの子たちと顔合わせしている。

今のところ、どちらも本域で怒ったりはしないので大丈夫そうではある。




最後に今日のラブラブショット!


IMG_20170108_182630.jpg


二人とも目が半開きで表情があれですが、あんこちんの天ちゃん好き好きビームは

人目はばからず!

思い返すと初対面の時から、あんこちんは天之助がお気に召した様子で後をついて

まわっていた。


こんの~面食いめ!









01/08|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

みなさま、新年明けましておめでとうございます。


IMG_20161231_190212_20170101230431c1b.jpg

            鏡餅を飾る前にはちこさん盛り♪



一年の慶は元旦にあり! と言いますから、ブログ更新してみました。


28日の仕事納めから31日の大晦日までフル稼働の大忙しだったので、本日の元旦は

予定は入れず全く完全OFF!

近所に初日の出を見に行った後、おせちをつつき「おめでとうさん」をしてからは、

ぽかぽか陽気の中、ひたすらゴロゴロ至福の時を。


DSC_1028.jpg

      元旦の朝食は6匹揃ってパウチで豪華に♥



さて1か月近く更新があきましたが、内ネコ6匹、居候ネコ(ぼろぼ)、外ネコ4匹も

ヒトも至極平和な日々でした。


問題のぼろぼさんですが、すっかり綺麗におなりで、だいぶもとの姿に近づいた

のではないかと。

IMG_20170101_212653.jpg


もうボロボという名前もそぐわないので、新年を機会に改名致します!


ぼろぼ改め「しし丸」


実は庭に現れたときから、姉はずっと「しし丸」と呼んでいた。

「怪傑ライオン丸」という昔々のドラマのヒーローに似ているらしく、

画像検索すると確かに凛々しい目つきが似ているような?


JDkaiR01.jpg


IMG_20170101_215340.jpg

        オレそんなコワモテっすか~⁈


さて、そのしし丸さん、コクシジウム退治用、条虫・こう虫用、頬のケガ用と

いろんな薬を飲まなければならなかったが、超食いしん坊さんにはモウマンタイ!


病院では「コクシ用の薬はかなり苦くて泡を吹く子もいるので、少しづつウェット

フードに混ぜて下さい」と言われたが、2回に分けただけで躊躇なく完食。

お蔭でとても楽ちんだった♪


6日以降に再検査!どうぞコクシさん、居なくなってますように~


そういえばしし丸さん。私の勘違いでどうやら未去勢であった…

当初、ガリガリの時に確認したら玉が小さかったので、てっきり去勢済みと思って

いたのだが、お体がふっくらしてくると共に玉もふっくら?!

あれ?っと思い、つんつんつついてみると、しっかり中身が…(//>ω<)


無事コクシサンが落ちていれば、ワクチンと去勢手術、ウイルス検査ののち

リビングデビューといきたいが、同時に里親探しも始めようかな。

頑張ろうね~しし丸!

DSC_0961.jpg

         オレまだ現役っす!



しかしこれ以上、太らせないようにしなければ去勢後が思いやられる。

もともと食いしん坊なのか、それとも飢えていた時期が忘れられないのか、

ほんっとによく食べる。


最初は太らせないと!とねだられるままにご飯をあげていたら、あっという間に

この通り…ぷっくりぽっこり!


DSC_0876.jpg


嬉しいことに首まわりやおなかのハゲも毛が生え始めている~♪(/・ω・)/ ♪

首回りはもっとふっさ~っとゴージャスマダム風に生えてくれるのでは

と期待しています!

そしたらちょっとラグドール風?! 青い目だしね~しし丸!


IMG_20161228_132844_20170101230420b04.jpg




さて、ではうちの子たちの最新写真をば。


最年長12歳の「にゃんこ先生」と「黒豆」。

黒豆は小さい頃からにゃんこ先生にべったり…

DSC_1010.jpg


逃げ出したいそぶりを見せるにゃんこ先生だが、黒豆の束縛からは

一生逃げられない…


DSC_1024.jpg


寝ぼけまなこのつちのこ「はちこ」

小ぶりのぱっつんボディの持ち主です!



IMG_20161213_081901.jpg


ルックスぴかイチ、中身イマイチ(イケてない)の「天之助」


IMG_m4lgpn.jpg

肉球までぴかイチです♪



DSC_1021.jpg

甘え上手の「きなこ」は先輩ネコにどんなに拒否られても全く

めげない、気にしない!くっつく、のっかる、追い掛け回す!



DSC_1004.jpg


きなこの妹(姉?)の「あんこ」は保護して1年半、いまだ触らせてくれず…

しかしすこ~しづつでも進歩は見えるので3年後くらいには!と気長にお付き合い♪



そして外ネコの女子たち「ちょこ」(右)と「まか」(左)

000.jpg


マカはきなことあんこのお母さん。

あれ?似てる?この子達はもしかして姉妹かな⁈


あと男子組の「鼻ちゃん」と「耳折れボス男」


DSC_12600.jpg

う~んそこそこ~ by鼻ちゃん



IMG_20170102_001618.jpg

現役を退きすっかりおとなしくなった「耳折れボス男」




この子達が幸せな毎日を過ごせるよう今年も頑張りまっす!


では今年もぼちぼち更新いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします(*´ω`)┛

皆様にとって、楽しい素敵な年となりますよ~に!




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°


P・S

一昨年、里子に出した「BJ」の里親さん「ほんわか嬢 Iさん」から素敵な

プレゼントをもらいました.゚+.(・∀・)゚+.


IMG_20170101_170308.jpg


DSC_1078.jpg


BJカレンダーとBJ特選フォト!

彼女もすっかり飼い主馬鹿♥ ビバ飼い主馬鹿♥ ♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。


彼女とは里親探しサイトで知り合いましたが、こんないい出会いがあるとは…


ありがとね~本当に嬉しいです…こんなに大事にしてもらって(っω・`。)

また遊びに来てね! 



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。







01/01|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

ちょいと遡り、12/3(土)にボロボの室内保護をとうとう決行した!


家族の了承(渋々)も取付け、気が変わらないうちに~!と

フロアシートとボロボ用トイレを買いに行く。


フローリングには隙間があるので、ボロボロのボロボを保護するには

フロアシートを敷く方が掃除がしやすい♪


さて3日の夜、ボロボは掃出し窓からする~っと自ら保護部屋にお入りに

なられ、まずはあちこち臭いを嗅ぎながらの探索。


512.jpg



一通り臭いを嗅ぎ、納得したらしく部屋のど真ん中に座り込みあそばされる。


diary_126595_3.jpg

ふ~ん。まぁまぁじゃん!


お気に召して頂けたようで光栄です…


diary_126616_1.jpg


イ、イキナリのヘソ天寝でございますか!

ってか、お腹もハゲ…Σ(ω |||)

テラスではこんなあられもない姿を拝見したことはございませんでした

ので、わたくしめ少々驚きました。




そして迎えた初めての朝…いかがでしたでしょうか?


diary_126616_2.jpg

ふん。まぁまぁの寝ごこちじゃん


…光栄の至りでございます(。-_-。)



それは結構でございましたが、ボロボ様…ウンチ検査の結果、

パパイヤ熊先生より「虫のオンパレードだね~」とのことでございます。


なかでもやっかいなのは「コクシジウム」というやつめでして…


えぇえぇ、わたくしめがボロボ様に投薬とウンチの度にトイレ全とっかえ&

熱湯消毒をすれば済むことでございますから、ボロボ様はお気に召されますな…


diary_126782_4.jpg

ヨロシク頼むぜ!


ボロボ様の目力にやられ、すっかり下僕に成り下がる( ゚Д゚)




余談

わたくし4日にアナフィラキシーショックで救急搬送されました…

一泊入院で済みましたが、カルテの最期には「蘇生」と書かれていたそうです。


皆様、小麦粉等の粉ものは必ず冷蔵保存です!

コナヒョウダニ、恐ろしかとです(゚д゚|||)









12/06|外ネココメント(4)トラックバック(0)TOP↑

さて突然庭に舞い降りた「迷い猫天使ボロボ」(ムリある…か…)

状況は変わらず、まだテラス暮らし…


DSC_0622 (2)


だが先週の日曜、病院に連れていくことに成功。


午前中、きなこのワクチン接種(あんこは捕まらず)があったためボロボの写真を

パパイヤ熊先生に診てもらい、とりあえず傷口が化膿しないよう抗生物質の薬を

ご飯に混ぜることになった。


そして思い切って聞いてみた。

「もうちょっと触れるようになって綺麗にできたら病院に連れてきてもいいですか?」


どんなウイルスや病原菌を持っているかわからない野良猫を敬遠する病院は多いし

ましてボロボは、ぼろぼろドロドロの姿だし…。


DSC_0634.jpg


すると熊先生「いいよ~!綺麗になんかしなくってそのままで!そんなことしたら

怖がって捕まらなくなるかもよ~」即答してくれた。

…はぁ~あっ(っω・`。)

この時パパイヤ鈴木と熊に似ている先生がとびきり男前に見えたのは言うまでもない!

(いやだからいつか怒られるってば…)


うちに帰り、ちゅ~る~をあげながら試しにそっとボロボのわきに手を差し込み、

そぉっと持ち上げてみた。

へっ?全くのNO抵抗?!

これはっ!と思い、足をそっとキャリーケースに入れてみる。

はいっ?全くのNO抵抗!!

車中でも午前中のきなこよりず~っと大人しい。


ボロボ~!

あんたやっぱ、完全に元飼い猫&ここまで心を許してくれてたんだね~とジ~ン…(。pω-。)


病院では、先生が思ってたほど傷は深くないので治るまでお薬でOK。

あと、顔周りの毛がどんどんハゲてきているが、真菌でもなさそうで不明。

ま、ハゲでは死なないのでとりあえずケガを治してからということになった。


DSC_0633.jpg

どんどん可愛い表情を見せてくれるようになったがハゲも広がっている…



今日から沖縄もぐっと気温が下がるので(といっても20度前後)テラスの猫ハウスを

冬仕様にし、雨の日も濡れずに排泄できるようトイレも設置。

家にいれる計画は母と姉の機嫌を見ながら水面下で進行中。本格的に寒くなる前に

実行に移さなければ…


DSC_0614 (1)




うちの猫達も気温が下がると寒がりさんはくっつきたがる。

去年に引き続き、枕やクッションとして大人気のにゃんこ先生。


DSC_0615 (1)


先生は迷惑この上ない顔だが、お構いなしのあんこさん


寒がりはちこさんはひとりで海苔巻の具になっておりました


DSC_0625 (1)


それほんとは皆で使えるよう、床に敷こうと思ってたんですけど…

おだまりぃ~ 巻を解くとただじゃおかないわよっ!

はいぃ…(´・_・`)   


という訳ではちこさんは結局一晩中、巻かれておりました。

…これがほんとの「はち巻き」…さぶっ!とか言わないで下さいまし。








11/25|外ネココメント(4)トラックバック(0)TOP↑

更新が遅くなりましたが予定通り、先週土曜、Iさんファミリーに保護猫レオンを

無事お届け完了!


一番上のお姉ちゃんが新しい名前を考えてくれており、めでたく「ピース」に改名!

のほほんとしたこの子にはぴったりの明るくて優しい名前 (´ω`人)


さて当日、車で1時間近くかかる道中もピースはキャリーバックの中でスヤスヤ&ぼ~。

(この子が怖がったり不安そうにしているところを見たことがない。心配になるほど…)


Iさんファミリーは一家総出で待ち構えてくれており、ピースの到着に3姉妹は大喜び♥

ほんとこっちまで嬉しくなっちゃいました。


diary_125316_3.jpg

早速、3姉妹にお父さんも一緒に遊ぶ遊ぶ♪(写真お借りしました)

可愛いでしょ~♥

お姉ちゃんはちょっと怖がりだけど素直で元気な子。

真ん中のお姉ちゃんはおっとり、とにかく優しくて動物大好きな様子。

一押しのおチビちゃんは、さすが末っ子!こう見えてしっかりちゃっかり者♥

ピースもこれから3人と一緒に楽しくすくすく育ってくれると思います!


なんと、おうちには豪華3段ゲージに飲み水を軟水に変えるピュアクリーン、

おもちゃにベットにと準備バッチリ状態!

窓には脱走防止のネットまで設置済みという素晴らしさ…恐れ入りました!


diary_125445_3.jpg

初日からこんな感じで寝ているらしい…(写真お借りしました)


※Iさんファミリーでのピースの様子は、これからネコジルシの猫日記で

ご覧いただけます。

http://www.neko-jirushi.com/diary/125316/




話はそれるが、実は私の会社の同僚や保護中に大阪から遊びに来ていた幼馴染のK夫妻も

ピースのその後を心配してくれていたので、猫日記を見て安心してくれると思う。


このK夫妻、こう見えて旦那Aが大の猫好き。(こう見えてって失礼だな…)

しかし夫婦そろって多忙なため生き物を迎える事は難しく、じっとレオンを眺める

旦那Aの姿には切ないものが…www1479965771471.jpg

ごめん!あっきー!了解得ずに載せてもた~!



とりあえずレオン(ピース)の保護日記、これでめでたくおしまい!!よかった~


あ!長くなりそなのでボロボのことはまた後日~(-∀-)







11/24|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

11月7日の夜、庭に現れたぼろぼろの猫、ボロボ。

暗闇の中で目を三角形にし、唸り声をあげている。

頬から首にかけ毛が剥けてケガをしており、剥けた毛がぶらんぶらんしている。


DSC_0449.jpg


これは3日目の写真なので、これでも少し顔が和らいだほうである。

お腹が空いてフラフラの状態の中、必死で自分の身を守るために睨み、唸る姿は

「鬼気迫る」という言葉がぴったりだった。


3日目あたりから少し近づいて写真が取れるようになり、4日目には少し触ることが

できるようになり、それからはどんどん表情も和らぎ、ご飯をねだる甘え声を発っし、

こんな可愛い表情も見せてくれるようになった。


DSC_0575.jpg



突然現れ、今日で10日目。

ボロボは一回たりとも庭を出ていない。ずーっと庭にいる。

それもほぼテラス部分だけですごし、行動範囲2~3mってとこだろう。

うんちもおしっこも庭の片隅。


DSC_0501_20161114122344ed7.jpg



これは…完全にお外生活に順応していない…

♂だが玉がちっこいので去勢済みのようである。

様子から見ても完全に飼い猫、いや元飼い猫。

捨てられたのか、脱走して戻れなくなったのかはわからないが、間違いないだろう。


こんな姿になるまで、どこでどう過ごしていたのか…

もふ毛で見た目わからないが、さわると背骨や尾骨が浮き出てゴツゴツしている。


とりあえず沖縄の迷子犬猫掲示板や愛護センターHPの迷い込み猫に投稿しておいたが、

この姿から想像すると結構長い放浪生活だろうから飼い主探しは難しいだろうな。

もとのおうちに返してあげることができたら、一番いいが…



実は昨日、愛護センター経由で「もしかしたらうちの子かも」という方が見に来られたが、

残念ながら違っていた。

その方の猫は10月半ばから行方不明とのこと。

うちからは直線距離でも30キロほど離れた場所からだったので、望みはかなり薄いが

それでも確認したい…という飼い主さんの気持ちは良くわかるだけに、本当に残念だった。


はなちゃん、チョコ、マカ、耳折れぼすおはお外うまれ野良育ちなので、外生活を満喫

しているが、ボロボは今後も外生活は無理っぽい。


死にもの狂いで唸っていたボロボも今では、甘え声でご飯を催促するし、尻トンも

させてくれるようになった。だっこはまだ挑戦していないが(お尻がドロドロなので

ちょっと勇気と努力がいる…)、させてくれるようであれば、出来る限りきれいにしてから

病院に連れて行きたい。


DSC_0576.jpg


そして今週の土曜、無事レオをIさんファミリーにお届けしたら空いた保護部屋に入れて

傷を治して、もとのきれいな姿に戻してあげたい…

そして成猫の里親探しは難しいが、優しい里親さんを探してあげたい…


今、私の頭はそんな妄想がぐるぐるしているが、そのためにはまず「家族の許可」という

大きくて高い壁を越えなくてはならない…はぁ(´・_・`)できるかな…




本日のレオ(改め)ピース!今日も元気

DSC_0560.jpg

Iさん、もうすぐ行くから待っててにゃん♥










11/17|外ネココメント(2)トラックバック(0)TOP↑

14日(土)、レオの里親希望者 Iさんファミリーが来てくれた。


結果から言うと、とりあえず今週土曜日から一週間ほどのトライアルを

行うことになった!が、もうほぼ決定と言ってもよいんではないかな?


DSC_0526.jpg


Iさんファミリーは優しそうなお父さん、楽しく明るいお母さんと3人の娘さん

(小3・幼稚園・2歳)の5人家族。


家族全員レオのことを気にいってくれ、その場で即決しそうな勢いで

あったが、実はその日の午前中にレオの右あごあたりに小さなしこりを発見。

そのことをIさんに伝え、病院で見てもらい診察結果をお伝えしてから…の

お話しにさせていただいた。


ワクチンもまだだったので夕方、早速パパイヤ熊先生に診てもらいに行くと、

しこりは右だけではなく同じように左にもあり「両方にあるので生まれ持って

のものだろうから今の所心配なし。ただ今後、大きくなるようなことがあれば

要注意なので観察してほしい」との診たて。


夜、結果をIさんファミリーにお伝えしたが、Iさんはすぐにこう言ってくれた。

「今後、どんなトラブルが起こったとしても最後までレオ君と向き合うつもりです」


レオにとってこれ以上の家族はいない!最高の里親さんです(。>ω<。)

それにおっとり気味で人懐こいレオは小さい子供の居るおうちにぴったり!


Iママさんは、猫にとって良いフード・悪いフード(4Dミート)のことや

歯磨きや爪切りの事、脱走防止対策のこと、猫を迎え入れる前から色々

勉強しているという、里子に出すこちら側にとっては本当にありがたい安心

してお渡しできるヒト!


今週土曜にレオをIさんファミリーにお届け予定!


DSC_0304.jpg

ぼんさんさ~、最初ほんっと何も知らないでぼん太郎先輩、迎えたんだって~


DSC_0295.jpg

え?まじで~?酷い話だよね~!信じらんな~い!

にっ、20年以上前の事ですから…今は頑張っておりますからヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



あ!難題勃発を忘れてた!!

DSC_0449.jpg


こ…この子のことですが…また次回!











11/14|里親募集コメント(4)トラックバック(0)TOP↑

保護猫れおのお見合いが決まってしまった…

今週土曜の午後…


DSC_0391.jpg

【オネムのところをカシャカシャやられ不機嫌丸出しフェイス!】



希望者のIさんご一家は、猫好きなお母さんのもと子供たちも交え

猫カフェに通い、猫との接し方を学び、猫を迎える準備を整えて

いたところ、れおの写真を見て一目ぼれしてしまったとのこと…


正直、れおは何となくこのままうちの子になるような気がしてた。

それがサイトにアップした翌日には、希望者が現れてしまった…

それも理想的なご家族の出現にぐぅの音も出ないぼん太郎…


とりあえず「お見合い」→「トライアル」からのお話になるが

そうだよね…こんな理想的な一家の家族になれるんだから

もし決まったら喜んで送りださないとね…はぁ~DSC_0495.jpg


わかっちゃいるがここ数日、ため息の止まらないぼん太郎であった…


11/10|里親募集コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

先日の日曜、保護仔猫「れおん」の2度目の病院に行って参りました。


検便クリア、猫風邪も終息!

耳ダニもほぼOKだったが、念のためもう一回レボリューションを。


そしてドキドキの血液検査も行った…


結果!猫エイズも白血病も陰性!!


DSC_0438ss.jpg


ぼん太郎から始まりこれで10匹目の保護猫「れおん」。

そろそろキャリアの子が来てもおかしくないよなぁ、と思っていたので

ちょっと心配していたが、は~っ!いがったぁ~(。>ω<。)ノ


保護した日(10/12)は、体重1kg。

25日後の11/6には1.65kgと650gも増えていた。

保護した時はガリガリだったからね~。

しかしもうガリではない!

プクプクのモフモフなのだ!


その夜、さっそく保護部屋を出して皆さんとのご対面。


どうやら「れおん」は、ちょっとマイペースでおっとりさんのようである。


DSC_0421.jpg


興味津々のきなこは、得体のしれないちびっこにこわごわと

近づき、レオにずぃっと顔を寄せられると「シャー」っとヒト吹き。

そしてソフト猫パンチをお見舞いしたが、レオは全く意に介さず

きょとん?顔。


その後、2匹は仲良く?!追いかけあっこで家中をドタバタ。

(主にレオが追いかけられていたが…)


DSC_0414.jpg


保護部屋から解放されて嬉しくて走り回る様子は、とてもではないが

私の腕ではシャッターが追い付かない…


DSC_0420.jpg


なのでボケていないのは、ひととおりドタバタが終わって

オネムになった頃の写真しかない。


DSC_0433ss.jpg


1枚目と同じ写真ではないですよ~ちょっと表情が違うのだ! 


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°


関係ないけど、きなこの面白写真をば…


DSC_0401.jpg

小さい時は俺のこと「かわい~♥」ってゆってたくせにぃ…


でしたっけ?もう思い出せない忘却の彼方…(「・ω・)「







11/08|里親募集コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
猫風邪と簡単に言うが、人間でいうインフルエンザやノロウイルスの
ようなもので、抵抗力の低い仔猫や老猫には、怖いもの。

重症化すれば失明したり死に至ることもある。



猫風邪ガリレオン。
お蔭さまで、目ヤニも鼻水もほぼなくなり、食欲も旺盛。

DSC_0367-1.jpg


ガリレオンのお腹は日々、順調にプクプクになっていく…
現在、一日で70gのパウチと3袋と仔猫のミルク1/2パックを摂取。
(カリカリはまだ食べてくれない…)


よく未熟児で産まれた子に対し、親が「大きく健康に育って欲しいから」と
どんどん食べさせて、肥満児に育ったという話を聞く。

いや、「聞く」ではなく「見た」が正しい。

兄の息子、つまり甥っ子は小さく産まれ、心配した兄と義理姉はとにかく
食べたいだけ食べさせ続けた結果、成人した甥っ子の体重は100kg超。

兄達は途中で、これはまずい!と気づいたらしいが、時すでに遅し!
甥っ子の食への執着心と広がった胃袋はもうノンストップ!


子猫時代には食べたいだけ食べさせていいというが、ガリレオンの
保護当初の写真と2週間たった今を見比べると、その成長スピードに
びっくりした。

DSC_0363.jpg

DSC_0377.jpg



しかしこのガリレオン、なかなか美ネコに育ちそうな予感がする。
過不足なく整った顔立ちの上に淡いクリーム系の茶トラ、薄いグリーンアイ。

DSC_0372.jpg


あんこきなこの後だから余計、そう思えるのかもしれないが…

大きな声では言えないが、あんこときなこはちょっと変わったお顔立ちをしている。

あんこは鼻から口にかけて少し長く反り、へら口?カモノハシ口?である…
きなこは目が離れ気味で奥目のせいか眉間にしわがより、口元が「むんっ」と膨らんでいる…

ankina_20161027135506300.jpg
              そりっ                       むんっ



あの~お母さん、産むときにちょっとアレンジしました?
DSC_0170.jpg
馬鹿お言いでないよ~あの子たちは、あたしの最高傑作よ~

飼い主の欲目というフィルターをかけたとしても、2匹とも「微妙」なお顔立ちで
あることは、否めない。

でもね~家族になっちゃえば顔立ちや毛色なんて、まったく関係ないのだ!

私は犬や猫が、真剣な顔をしてうんちを気張っている姿が一番好きである。

DSC_0373.jpg

この姿に美形・ぶちゃいくは全く関係ない!…お食事中の方、失礼!!




☆おまけ☆
昨年、ほんわか嬢 Iさんのもとに縁付いた「B・J」

なんと1才の誕生日(推定6月生まれ)に、猫が食べられる「にゃんこB・Dケーキ」で
お祝いしたとのこと…大切にされてるね (っω・`。)

bjb.jpg


幸せそうで本当に本当によかった!
来月、里親のほんわか嬢 Iさんが遊びに来てくれる予定。楽しみ~♪


image(9).jpg
ぼんさんちは、にゃん密度高すぎだよね~








10/27|里親募集コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
やはり春と秋は、仔猫の季節…
昨年は、春に「きなことあんこ兄弟」、秋に「BJ」と「黒猫のこた」と
4匹もの仔猫と出会ったな~。

今年の春は出会いがなかったので、ちょっと気を抜いてましたが…
はい、おめでとさん!出会いましたよ~(*´ω`)┛

2016.10.12(保護した日 がりがり~)
DSC_0292.jpg


2週間ほど前、仕事からの帰り道、道路のど真ん中でうずくまっておりました。

住宅街でそう交通量は多くない場所だったが、真っ暗闇の中で
ど真ん中にうずくまってちゃダメっしょ…
抱き上げると、とたんにゴロゴロとのどを鳴らし、手のひらをふみふみ。

警戒心まるでゼロの様子から「捨て猫?」とも思ったが、耳の中には
先生もビックリなほどのすごい量の耳あか(耳ダニIN)。
ってことは、お外暮らしだったのか?!

DSC_0291.jpg

かなり痩せて、お腹もすいているだろうにご飯を食べようとしない…
どうやら風邪をひいて鼻がつまっているせいで、臭いがわからない様子。
なので栄養たっぷりのa/d缶を口まで運んでやると、「はっ」っと
気づいたように食べ始めたので一安心。

よしよし、これから毎日たっぷり栄養とって、ぐっすり眠れば風邪なんか
すぐによくなるからね~と頭をなでると大音量ゴロゴロ。

 2016.10.20(保護8日目)
DSC_0309.jpg
                            
DSC_0343.jpg


うちのこ6匹中5匹は今年のワクチン済だが、はちこだけは蚊アレルギーからの
かきむしり傷を治療中で、ワクチンがまだであった。
猫風邪は感染力が強いので(人間にはうつらない)、ヒトがウイルスを部屋から
持ってでないよう、消毒やスリッパの履き替え等、細心の注意をはらっている。


が、実はわたくし「猫カゼ」の子は初めて。
どこまで気をつければよいのか…
もしかしたら甘いかもしれないし、…いや、やりすぎなのかもしれないし…

ま、里親探しはとにかくこの子を元気にして、もっとふっくら太らせてからのお話!

2週間たち、まだ目ヤニとくしゃみはでるが、最初よりだいぶよくなっているし、
お肉もついてきた。

2016.10.23(保護11日目)
DSC_0364.jpg
                             
ちなみに今は仮名「ガリレオン」と呼んでいます(太ったらガリを取るつもり)
…名づけセンスないな~(。-_-。)
ってか、こうして写真を見ると、もうガリではありませんね~(´ω`人)

ちなみに母と姉には初日「も~っいい加減にして~っ」とマジ切れされたが、
今では仕事で遅くなった日など、面倒見てくれている…ほんとすんません。





10/25|里親募集コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
ログイン用のパスワードを忘れてしまって焦りました…
こんにちは。

久々の更新、7匹にでもなったのか?
と思った方、「通」ですね。

安心してください。6匹のままですよ!

最近、関わっていた猫が突然体調を崩し、治療の甲斐なく、あっけなく
一晩で逝ってしまった。
わかっていることですが、生き物の命の儚さを思い知らされました。

順当に行けば、私より先立つこの子達の様子を記録として残しておくのも
(自分のために)大切だと思うので、やはりたまには更新しておくかな。

では、半年前から遡って…


2015年12月

20151215_1.jpg
おやつで釣って全員集合をもくろむが、あんこはどうしてもテーブルの
上には登らず、失敗。
おまけにイマイチなカメラと適当な撮り手のせいで、残念な写り…

20151218.jpg
網戸をつけたテラスは、オールシーズン人気スポット。
こんな顔ですが、日向ぼっこでご満悦の4匹。

20151218_2.jpg
相変わらずの仲良しっぷり。あんこときなこ。

20151219.jpg
テラスの壁の猫棚。Lサイズ組には小さすぎた…
今度、幅を広げてやろう…

20151228.jpg
夕飯はまだかと抗議の2匹。うちの夕飯は6時です!
しかし天之助とはちこの体格差がよくわかる一枚。


2016年1月

20160102.jpg
一番手前でずり落ちそうになっている先生が、一人でゆったりとお昼寝中のところに
きなこ→天之助→あんこが無理やり入り込む。

20160107_02.jpg
天之助とあんこのラブラブショット。

あんこがはちこに意地悪されていると、天之助が走って助けにくる。
あんこにとって天之助はホントに王子様のようだ。
…が、いきりたったはちことあんこ両方から、頭をはたかれるイケてないプリンス天。

20160110.jpg
珍しく可愛い表情のはちこさん。和柄の首輪が一番似合う!

20160115.jpg
黒豆にちょっかい出して叱られ、びびる天之助。
ぺたんと寝た耳にご注目。ほんと見かけ倒しのプリンス天…

20160111_1.jpg
きなこは誰にでもぺたんとくっつくが、逃げられることも多い。
許してくれる先生は貴重な枕。

20160124.jpg
1月後半から2月にかけて、寒い日が続きファンヒーター登場。
ヒーター前の争奪戦。


2月

20160220_2.jpg
またまた一人でお昼寝中に、まず黒豆にひっつかれ(少し乗っかってるし)、さらに
きなこに背後の隙間から無理やり入り込まれ(足完全に乗ってるし)、迷惑そうな先生。

20160224.jpg
天之助は、はちこをからかい半分で追い回すので、はちこは天之助がイマイチ嫌い。
なのでこの2ショットは貴重な一枚。
天之助が後から入り込み、はちこはまだ気づいていない…

100均のクッションを5枚縫い合わすだけのベットを作成。これが大人気。
大枚はたいた市販の猫ベットより人気なのは、嬉しいような悲しいような…

20160220.jpg
Sサイズのはちことあんこ用にと作った小さ目のベットになぜか入る先生。
きつかったようで案の定、ぬるっとはみ出てきた…

20160227.jpg
外のテラスに置いたベットでお昼寝中のノラ猫「はなちゃん♂」

アラレが降るほど寒い日が続いたので、ご飯を食べにやってくる外猫用に
小屋を作ってみた。
入口を丸くくり抜いた木箱だが、中は断熱材とクッションベッド付き仕様。


3月

20160305_2.jpg
またSサイズベットに無理やり入る先生。
さらにあんこが上から乗っかり、どう見ても無理!

20160320.jpg
その寝方で首は大丈夫なのだろうかと不安になる。

20160328.jpg
網戸越しの母子対面。
まんだんらまんちゃん改め「マカ」は、毎日やってくる。
お隣のUさんちの車庫をねぐらにうちを餌場、遊び場に決めたようだが、
2月に作った外猫ハウスにもちょいちょい寝ている様子。


4月

20160401.jpg
やはり寝ているはちこにそっと近づく天之助。
やたらと嫌がるはちこを追い回すのは好意の裏返しなのか?
…そうなるとあんこを交えての三角関係!

20160402.jpg
はちこの箱好き、ここに極まれり…ムリっすよ~


5月

20160504.jpg
もう間もなく梅雨入りしそうな沖縄地方。
GW中は、結構良いお天気の日が続き、猫たちもテラスでご満悦。

20160502.jpg
もう暑いくらいなので先生には逃げられ…
20160502_2.jpg
その直後天之助にも拒否られるきなこ。

20160503.jpg
最近、外ベットはボスのお気に入り…
ボスもめっきり丸くなり、だれかれ構わず襲い掛かるということもなくなってきた。
ヒトに対しても「にゃおん」と顔に似合わない可愛い甘え声をだすことも…

20160503_2.jpg
チョコレートコスモスと「マカ」
マカとあんこは外見がそっくりだが、中身はきなことよく似ている。
なでるとすぐにぺたっと横たわる甘え上手。

20160505_2.jpg
こちらは「チョコ♀」
この子もいきなり庭に現れ、マカとともに避妊手術をした子。
毎日うちの庭で追いかけっこして花をボキボキ折ってくれる2匹を「ちょこ」と
「まか」と命名。…2匹合わせて「ちょこまか」ね!←念押し

20160503_5.jpg
こちらがその様子。
撮影中、おすまししているところをマカに飛びかかられ、エビぞりになるチョコ…

20160503_6.jpg
何事もなかったかのようなマカにご立腹のチョコ。

20160505.jpg
最後はきなこのお手!
きなこと天之助も軽々とお手をマスター。

はぁ~、約半年分の記録をアップし、満足のわたくし…
またしばらく充電期間に入ります!

これはブログと言えるのか⁈


おまけの3月
BJ.jpg
そだそだ!この子のことも!里子に出した「B・J」。
※Iさんちでも名前は「B・J」のまま
Iさんが、送ってくれた3月のこの写真。
安心しきった寝相と甘えた表情が、幸せを物語ってますよね~♪

…今気づいた。ボスの寝相とB・Jの寝相…似てません⁈
やっぱDNAってすごいな~(*´ω`)┛





05/05|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
昨夜、箱に固執するはちこをリカイフノーという目で見つめていた
きなこだが念のため、試してみたくなったようだ。

aa.jpg
              …こう?

dd.jpg
              いや…こうか?

bb.jpg
     う~ん…わかんない。はちこさん!おせ~て

cc.jpg
   ふん、アンタにゃ10年、早いね    ふ~ん…

ee.jpg
       10歳になったらわかるんだって!
 





12/14|にゃんこたちコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
昨日、新しい靴を買った。
その箱が、はちこの箱LOVEゴコロをいたくくすぐった。

ず~っと、箱IN。小柄なはちこにぴったりフィット。

DSCF9191[1]
            は~っいいわ~落ち着くわ~♨


…あまりにもずっと寝ているので、目の前で大好物のヒモを振り回してみた。

a.jpg
                 な、ナニよ!
b.jpg
                   おっ!
d.jpg
                   はっ!
e.jpg
                   よっと!


結界でもあるかのように意地でも出ない…

そんなはちこを見つめるきなこ。
1_20151212230930d81.jpg
     タノ…シイの?…      ボクには、はちこさんがリカイフノーです
                
             私にもリカイフノーです…(-∀-)






12/13|はちこコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
きなこに続き、12月7日にあんこも無事、避妊手術を終えた。

病院一泊で、翌日迎えに行くと
「相当、ストレスたまってるだろうから、帰ったら美味しいものでもあげてね」
とパパイヤ鈴木似の熊先生。(怒られるぞ…)

あんこは鳴きも動きもせず、キャリーの中で石になっていた。

当日、病院に連れて行ったときも診察台に乗せると、両前足がありえない方向に
曲がったままピクリとも動かなかった。(…そっと直しておいた)

きっと入院中もずっと石のように固まっていたのだろう…

家に帰っても、しばらくはぐったりかなと予想していたので、落ち着けるように
隔離部屋を過ごしやすいよう、あんこ仕様に整えておいた。

が、予想に反して家に着くと速攻、元気!

隔離部屋に入れておいても、出せ出せと鳴き、ご飯をたらふく食べ、
今までの鬱憤を晴らすように、バリバリと爪をとぎ、きなこと一緒に走り回ろうとする。

DSCF9124[1]
           あ~っすっきりするわ~っ!バリバリバリッ

さすがに取っ組み合いになるとマズいので、目の届かない間は強制隔離したが
きなこと遊びたくて仕方がない様子。

抜糸は10日後なので、それまでは注意が必要だ。
しかし、抜糸って…これまたストレス半端ないだろうな~。

DSCF9127[1]
            なによ…まだなんかする気⁈
          あとも一回、パパイヤ先生んとこ…デス |ω・`)     




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



それはさておき、ふんわり嬢IさんからBJの写真付きのメールをいただいた。

なんとIさん、BJのためにキャットタワーを購入してくれたらしい。

image0001.jpg

もうすっかり慣れて、夜はベットでIさんが来るのを待ち構え、
お腹にもたれて一緒に寝ているとのこと。
やんちゃぶりは相変わらず凄まじいらしいが…

image00022.jpg
   美味しいものくれるしぃ~ヒザは独り占めできるしぃ~しあわせ~ぷぅぷぅ~
     …イマイチのご飯で、わちゃわちゃした環境でそりゃ悪かったね (=∀=)




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 あり?普通にブログ更新してるけど、いったん終わるとかって言ってなかったっけ?

DSCF8576.jpg
    天ちゃん…B型いて座の気分屋ぼんさんの発言は真に受けないようにね
            
  さっすが~付き合いの長いにゃんこ先生はわかってるぅ (ノω`*)ノ
             



  
12/12|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
にゃんこ先生と黒豆が、どうやら毛球症なるものになってしまった…

4日前、先生のご飯の食べ方がおかしくなった。

首を振りながら、そしてたまにえずきながら、とても食べにくそうにしており、
すぐに食べるのをやめてしまう。

口を前足でかきかきし、しきりに気にしている。

DSCF9054[1]
              あぁ~っキモチワルイワルイ…

とうとう歯肉炎が歯周病へと悪化し痛み出した!もしくは口内炎か!と焦った。

6年ほど前に受けた健康診断で、先生の歯にびっちり歯石がついており、
軽度の歯肉炎になっていることが発覚した。


猫飼いベテランの方は知っておられるだろうが、猫の口内炎、歯周病はとても
やっかいで、これが原因でご飯が食べられなくなり、衰弱死もある。
完治は難しく、最終手段は抜歯。抜歯しても数年後に歯周病再発の例もあるらしい。

先生の場合、まだ痛みが出る程ではなかったので、歯石をこれ以上増やさないよう
それからは毎晩歯磨きし、定期的に「コロイダルシルバー」なる天然の抗生物質を
ぽちっとお口に垂らしてケアしていた。

黒豆は、ほぼ同じ年で小さい頃から全く同じものを食べていたのに、ほんのちょっと
しか歯石はついていないし、19歳目前で旅立ったぼん太郎も何のケアをしなくても
綺麗な歯をしていた。
体質や口腔内の構造、歯の生え方で、ケアが必要な子、いらない子がいるようだ。


そんな事から、慌てて先生の口腔内をチェックしたが、今までより悪くなっている様子も
見られない…が、なにかしらのおくちトラブルと思い込み、病院へ連れて行ったところ、
先生(獣医)も痛みがでるほどの歯周病にはなっていないけど?と首をひねった。

DSCF9051[1]

これは病院でうま口を開けてくれなかった時のために撮影したもの。
奥歯は歯石にうずもれ、もう先っぽしか見えていない…


そこで色々質問され、先生の判断は「お腹に毛玉がたまってるのでは」というもの。

「ラキサトーン」なる毛玉除去剤を処方され、家路に着くと、なんとその夜、黒豆まで
先生とまったく同じ症状になった。

食べたい素振りは見せるのにえずいて食べられない2匹を見ているのは辛かった。

ここのところ連続の保護ねこ騒ぎで先住ねこたちのケア、ブラッシンを怠っていた…
それに10歳オーバーの先生と黒豆には、仔猫が入れ代わり立ち代わりの環境が
多少なりともストレスになり、グルーミングが増えていたかもしれない。

本当に申し訳ないことをした。

ラキサトーンは黒蜜のような形状と香り、ワックスのような成分でお腹にたまった
毛玉の滑りをよくし、うん○と一緒に排出させるというもの。

好きな子はペロペロ舐めるそうだが、先生はちょっと拒否、黒豆は猛烈に拒否。

食べたいのに、えずいて食べられない…すっかり元気をなくしている2匹を見ているのは
辛かったが、嫌がる2匹を押さえ込み、口にラキサトーンをねじ込むのも辛かった。


あれ以来、抱っこをすると警戒心バリバリのイカ耳黒ちゃんに…(´・_・`)
DSCF9113[1]
                よくもあんなものをっ

が、そんなことは言っていられない。
自力で毛玉が出なければ、開腹手術で毛玉を取り出すことになるのだ。

うん○も2日間出ていなかったので、ネットで見つけた便秘マッサージも必死で行った。

そして、昨日からえずくことなくご飯が食べられるようになり、うん○も出た…
よかった~っ。

若い猫ならまだしもシルバーの域に入る先生と黒豆は色々、気を付けてあげねば…


と、いう訳でして、いきなりですが、この辺でブログをいったん終わります。

3日坊主の更新で終わっていたこのブログを再開したのは、保護した仔猫の里親
探しをブログでもできないか、ということからで、次々に現れた4匹のうち2匹は
うちの子になり、2匹にはそれぞれとても良いご縁があった。

自慢ではないが、私は旅行に行っても写真は人任せというズボラ人間だ。
ブログの写真を撮るのも一苦労だし、文章は…だらだら長く(今回もヒドいな~)
時間がかかる。

ブログに割く時間を6匹にもなった猫たちのケアに使おう。

このブログに遊びに来てくださった方々、ありがとうございました。

諸事情変わりましたら、またふらっと再開していることもあるかもしれませんが…

ご縁がありましたらまた!

DSCF8787[1]
みなさ~ん!ぼんさんってばかっこいいこと言ってもすけど、ただの飽き性ですから~  



最後にきなあんの母「マダムまんだら」も登場させておこう。
手術後、すっかり肉付きも良くなり毛もふさふさになった…
DSCF9083[1]
                 〆がナゼあたし?





12/07|お知らせコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
本日、BJトライアル先のほんわか嬢、Iさんより連絡があり、めでたく
輿入れが決定した。
実はBJ、トライアル中に結構やらかしてくれていた…

1日目は環境が変わったことでパニくり、隠れまくってご飯も食べず、
ずっと爆睡。(初日で爆睡に大物感を感じるが…)

夜中に起き出し、遊んでは大声で鳴きを繰り返したそうで、Iさんも寝不足。
Iさんは「猫と遊ぶ時はねずみの気持ちにならなきゃダメ」と本で読んだらしく
BJ相手に「ちゅんちゅん」と鳴きながら、おもちゃを振り回してくれたらしい…

このメールを読んだとき、思わず爆笑したが、ありがたくて涙もちょちょぎれた。

2日目の夜も遊んでは思い出したかのように鳴き、を繰り返し、そしてIさんに
べったり甘えるようになり、この夜、Iさんは30分しか寝られなかったようだ。
それも座ったまま…もちろん翌日は仕事。

3日目の夜も同じような調子なら、Iさんはぶっ倒れるかも!と迎えに行く用意まで
していたが、Iさんは「可愛いです」と頑張ってくれた。

そしてその夜は雨のせいもあるのか、BJはIさんのヒザの上を離れず、ウナウナ
ゴロゴロ甘えてばかりだったらしい。(それはそれでメイワクだが)

そんな手のかかるBJを「可愛い」と迎えてくれたIさん、ありがとう (っω・`。)

【Iさんのヒザで甘えるBJ】
image.jpg

Iさんは、BJを20歳まで健康で長生きさせたいと色々勉強しているようで、
上等フードなども定期購入したらしい。
はぁ~っ!BJってば、ほんと幸せ者…そして強運の持ち主。

正直、うちに居るより、ずっとずっと幸せだと思う。
多頭になればなるほど、やはり一匹にかけてやれる手間も時間も減るし、
どうしても目が行き届かなくなる。

実は、そんな事件が先生と黒豆にもう起こっていた…が、それは次回に!

とりあえずおめでとうBJ!ありがとうIさん!!





12/06|B・Jコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、BJがお見合いし、とりあえず1週間のトライアルと相成った。

わざわざ那覇から訪ねてきてくださったのは、ほんわか雰囲気のお嬢さん。
すでに家にはトイレやご飯等を用意し、準備万端で会いに来てくれた。

ただ、猫を飼うのは初めてとのことなので、色々わからないことや不安もあるとのこと。
なのでこのトライアル期間で、ゆっくり考えてもらおう。

猫飼いの方はご存知だが、猫は昼と夜の顔がかなり違う。

夜は黒目が真ん丸になり、とても可愛い表情を見せるが、昼はタテ目となり
この目の違いで印象も変わってくる。

【モデル:あんこ】
1w2.jpg


きっと「ほんわか嬢」もあれ?っと思ったに違いない…

あとBJは人見知りする子だったようで、最初は逃げ隠れしてしまった。
しばらくするとおもちゃとおやつに釣られ、出てきはしたが、甘えん坊の本領発揮とは
ならなかったので、申し訳なかった…

DSCF8859[1]
             BJってば意外と「あかんたれ」だったのね~
              ちょ、ちょっとびっくりしただけだいっ

なのでトライアルもないかな~と思っていたが、「ほんわか嬢」は頑張ってくれた。

さて、先ほど連絡があり、BJは部屋に放されると逃げ隠れまくり、今はラックの下で
爆睡中とのこと。
BJ、ほんわか嬢ともにドキドキの一夜を過ごしているようだ。

まぁでも爆睡してくれてるなら、安心である。
眠って、起きて、ご飯をもらって、少しづつここは安全な場所だと認識してくれれば…

きっとこの一週間、「ほんわか嬢」の生活は激変するだろう。
BJが本領を発揮し、ほんわか嬢がBJと一緒にいることで「幸せ・楽しい」と思えるような
状態になれば嬉しいが、もうちょっと時間がかかるはず…

さて、どうなるかな~?






11/29|B・Jコメント(9)トラックバック(0)TOP↑
なんと!ほぼ諦めていたBJが、明日お見合いすることになった。
S0088997[1]


BJの写真を見て「表情豊かで可愛い」と連絡をくださった方がいるのだ。
は~ありがたや~。

もちろん実際に接すると、思っていたのとちょっと違う…ということもあるが
それはそれでしょうがない。

DSCF8909[1]

きなこと可愛く遊んでいるショットを撮りたかったがムリ!
DSCF8963[1]
               
BJ!明日、楽しみだね~♪
S0049021[1]
              うん?明日って?おいしいの?


11/28|B・Jコメント(6)トラックバック(0)TOP↑
きなこ、昨日10時に病院入りし、17時にお戻りになられた。

迎えに行くと、情けなさそに「ふぁ~ん」と一鳴き。

先生曰く「きなこは性格が優しいね~」とのこと。

注射をすれば、その子の性格がわかるそうな。
きなこは、不安げに目を見開いて先生を見つめ、じぃ~っと固まっていたそうだ。

DSCF8737[1]
             なんかわかんないけど、なんかされた…

避妊・去勢手術はきなこで8匹目だが、いつも心配でたまらない。
小さな体に全身麻酔もさることながら、術後の回復が順調かどうか…


メスの避妊手術は黒豆が初めてだったが、その黒豆、実は大変な目にあった。

かれこれ10年前の話だが、おじいちゃん先生の営む田舎の個人病院。
術後2日経っても、なかなか熱が引かず食欲もない、心配で連れていくと
「よくあること」と帰された。
しかし傷を見ると、あきらかに何か白いものが縫い目から見える…
しつこいとは思ったが、また翌日連れていき、自分の不安を訴えた。
すると傷口を見ながら「あら~膿んでるね~もう一回開こうか」

「ちょっ…ちょっとちょっとぉ~」である。

最初の倍の長さを開腹された黒豆のお腹の中は膿みでいっぱいだったらしい…
術後の先生は「危ないとこだったね~」って…せんせぇ~いっ‼‼

きっとあの頃のあの地域では、猫の避妊手術など、そんなに多くなかったんだろう。


きなこの様子だが、帰ってきた日はまだ眠いらしく目がしょぼしょぼしていたが
21時の食事解禁では、ガツガツと食べ一安心。
今日は朝からBJと運動会をおっぱじめ、傷口は大丈夫かと心配になるほど
元気いっぱい。

午後はあんこと仲良くぐっすり。

DSCF8886[1]
        ぷぅ~ぷぅ~         じゃましないでねっ

DSCF8890[1]

BJだが、今日の譲渡会では誰にも抱っこしてもらえず撃沈!
いつもなら夕飯後は、きなこと大運動会だが、今日は昼寝もできず、
たくさんの人を見てすっかり疲れたのか只今、爆睡中。

DSCF8887[1]
         BJ、ごめんね~疲れたね。来週も頑張れるかな。
           …あと1回だけならね~ぷぅ~ぷぅ~





11/21|きなことあんこコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
さて、とうとう明日、きなこのふぐりとさよならする。

DSCF8875[1]

生後6か月も半ば、♂♀同居ではもう限界の時期。

きなこ~、ごめんだけど明日は朝食抜きね。
DSCF8798[1]
         ごはん抜き?…オニ…アクマ…デカオンナ…
          むぅっ… ま、毒舌もあまんじて受け止めましょう …

   
  そういえばきなこさ、昨日BJに横っぱらから飛びつかれて、驚いてあんこのもとに
  走ってったら、あんこに頭を一発おもいっきし叩かれてシュン…ってなってたよね。

  んで、キャットタワーのねずみのオモチャをひと叩きしてたね…見てたよ。

  オモチャに八つ当たりって…超かっこ悪かったんですけど~ (〃ノωノ)


いつも自分より小さくて控え目なあんこばかりを相手に育ってきたので、チビでも
やんちゃパワー全開のBJに押しまくられている意外とダメダメなきなこであった。

DSCF8664[1]
       こんにゃろ~…       だっせ~
                          
           天ちゃんにもみられてるぅ(*´ω`)┛

そしてBJ!本日ウイルス検査を終えました。
猫エイズも白血病も陰性で、完全放牧!

虫も耳ダニもいなかったおかげで、事がサクサクと進む進む!

日曜は宜野湾市の「JAはごろも市場」で行われる譲渡会に参加してこよう。

BJの家族、見つかるかな?
DSCF8835[1]
               ここんちの子でもいいんだけど~






11/20|きなことあんこコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
「B・J」3度目の試みで、あっさり我が家にお入りになられました (*・`ω´・)ゞ

もともと警戒心の強い子。
極悪ボス猫「耳折れぼすお」に容貌完コピ。

ということから、扱いはデリケートに…と思っていた。

が、嬉しい誤算。

入居した日から頭をぐいぐい押し付け甘え、警戒心のかけらも見せなくなった。

1000.jpg
        うな                    ころ


これはいけるかも?!と、「家猫試練のワンツースリー」を試したところ

1・爪切り → 4本足ともあっさりOK

2・シャンプー → あんきなやコタより大人しい
         (お湯に入れると少し気持ちよさそな表情まで)

3・病院で受診 → 大人しく診察を受け、まさかのNO耳ダニ&回虫(これは嬉しい)


ウイルスチェックがまだなので、完全同居はまだ先だが
耳ダニが居なかったので、その他6匹との接触もOKである。

網戸の外と内でウナコロ合戦していたきなこは、間近にきた
B・Jに意外にも「シャー」とおみまいした。
が、B・Jは全くおかまいなしに、きなこに頭を押し付ける。

そして屋内探検に忙しくキョロキョロ歩き回りながらも、出会った
その他猫に愛想をふりまくことも忘れない。

なかなか社交性もある。

少し大きくはなっているものの、これなら里親探しもできそうである。


【撮影会にて】
     どっからでもどぞっ!           長いな~しつこいし…  
2000.jpg
     もうムリ…                   おやすみんさい…
             眠ってしまった…



しかし、まだまだ猫のことをわかってないな~と思った。

仔猫時代に唸りながらエサを咥えて逃げるような子は、もともとの性質が
家猫向きではないのだと思っていた。
人間に慣れても、「ある程度まで」だと思っていた。

偏見を持ってはいけないのである…
B・Jは、立派な家猫になれる子であった!

じゃ、今週末はダメもとで譲渡会にいってこよう。

DSCF8822[1]
              この家の子じゃダメ?
              う…う~ん、売れ残ったらね






11/16|B・Jコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
耳折れぼすおを父に持つ(たぶん)、「B・J(ボスジュニア)」の現在の様子。

DSCF8805.jpg


すっかり庭に住み着き、毎朝、毎晩(寝てるとき以外は)ストーカーのように
網戸前に張り付き、屋内を凝視している。

人間やうち猫が近づくと、うなっと甘え声を発っし、少し怖がりながらも
撫でられると、目を細め喉を鳴らす。

現れた時は警戒心が強く、なかなか慣れてくれそうにないと思っていたので
外の子として逞しく生きてもらおうと思っていたのに、この変わりよう…

505.png
                                 きなこかぶり

遊び盛りのきなことは網戸の外と内で、ウナウナコロコロやっている。

そして先ほど、夕飯時に母がつぶやいた。

「今日もず~っと、網戸にへばりついてたよ。
なんか可愛そうになってきたわ…
3匹から4匹になったときは、やめてぇ~っと思ったけど、
もう6匹も7匹も一緒のような気がしてきた」

まっ…まさかのお言葉。

B・Jは コタ と違い、警戒心の強い性質のようなので、たくさんの人で
ワイワイガヤガヤという譲渡会での里親探しは十中八九
失敗しそうである。

うちに入れるなら、ほぼうちの子にする覚悟でなければならない。

もういくらなんでも家族の目が怖く、そんなことは言えないと思っていた。
働く身としては、家族の協力なくして多頭飼いなど無理である。

そう思っていた矢先の母のこの神発言。(半ばやけくそ気味とも取れるが)

さて、どうする?ぼんさんはどうするの?

DSCF8796.jpg
            すっかり馴染んだきなこ(あんこもがんばれ…)

…次号へ続く。

※とりあえず、さっきレボリューションは打っておいた…(・Д・)ノ





11/13|B・Jコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
大枚はたいた大型キャットタワー。

引き続きみなさんに好評のようで嬉しい限りである。

DSCF8786[1]

てっぺんは大抵、きなことあんこが取り合い、その下の小BOXは先生のお気に入り。

しかし先生の体には無理がある大きさ…。
意識があるうちはなんとか収まっているのだが、寝てしまうと入っていることに
意味があるのかどうだかわからない状態になる。
DSCF8789[1]

そこ、かえって寝にくくないですか?

DSCF8788[1]
                気分の問題…
               …お好きなように(=∀=)





11/08|にゃんこ先生コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
はぁ~っ、びっくりたまげた驚いた…

DNAとはたいしたもんだ。

以前、「父ネコ」で少し話題にした「耳折れぼすお」。
うちの庭に現れるメスでもチビでも容赦なしに襲い掛かる極悪ボス。

DSCF8784.jpg

耳折れぼすおが現れると、うちの猫たちは大パニックを起こす。
外猫はご飯どきになっても寄り付かず、姿を見た者は飛ぶように逃げる。

まったくもって人望無しの嫌われボス猫。

そしてもう一枚。

DSCF8778.jpg

こ、これは…どうみても親子…。

もちろんまだ可愛い顔だが、毛色・模様はもちろん、鼻の茶ばみ方まで
完全コピーである。

このB・J(ボスジュニア)が突然、庭に現れた。
多分、生後4か月ちょいってとこだろう。

チビのくせに警戒心ばりばりで、ご飯をあげると、唸りながらエサをくわえ走り逃げる。
(で、またすぐ戻ってくる)

そして驚くことに耳折れぼすおが、このB・Jの存在だけは容認するのだ。

B・Jは、ぼすおを怖がりビクついてはいたが、ぼすおは見つめるだけで無反応。
ほかの猫たちなら追い立て、襲い掛かるのに…

ぼすおを手なずけ、玉を取ることができたら、少しは平和になるのかもしれないと
思い試みているが、警戒心が半端なく、なかなか時間がかかりそうである。

その点、B・Jは今のうちからコミュニケーションを取っていれば、触らせてくれる日も
近いであろう。

悪いな、ぼすお!いつか玉を頂くぜ!
DSCF8780.jpg
        へっ!取れるもんなら取ってみな!


DSCF7770.jpg
        玉無し世界も悪くないのにね~        んね~




11/06|B・Jコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
さて総勢6匹にもなった我が家のにゃんこトイレ事情。

よく聞く理想のトイレ数は「猫の頭数+1個」だそうな。

ということは、うちは7個必要となるが…6個しかない。
いや6個でも結構、置き場所に困る数である。

DSCF8734[1]

Lサイズ2個とMサイズ4個の6個。

この家に越してきたときに収納場所を改造し、扉に猫用出入り口を設けた
猫トイレスペースを作っていた。
が、さらに増えたので2段式にしてみた。もういっぱいいっぱいである。

多頭飼い(5匹以上)のみなさんは、トイレの置き場所はどうしているのだろう?
一か所にまとめて?あちこちに分けて?

あちこち分けると掃除の手間も大変であるし、猫の新鮮うん○はなかなかの
スメルであるからして厳しいものがある。

DSCF8583.jpg
       …ぼんさんに言われたくない         だよね~
         しっ失礼な!!わたくしは全く持って一般的な人間仕様です!!


あと食事情。

問題無し用(先生)、腎臓配慮用(黒豆)、尿結石配慮用(はちこ)、
おデブさん用(天之助)、1歳未満用(あんきな)とフードは5種類。

いや気の変わり易い先生のせいで問題無し用フードだけで、現在4種類ある…。

横取り食い防止のため見張っていなければならないし、おデブさん(天之助)以外は、
見事なダラ食い。3回ほどに分けて食べる…。

それを思うと、今は亡きぼんちゃんの食いっぷりはすごかったな~。
選り好み一切ナッシング!どんなご飯でも即完食!


いっつもお皿まで舐め回してピカピカ仕上げだったよね~ぼんたろう。
P1040365.jpg
        盛られたら盛られただけみな食う!わしのモットーじゃ!
                    うん…でしたね…





11/05|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
あんこの家猫化のことである。
…つまり進んでいない。

保護して約2か月。こんなに慣れてくれないことは初めてである。
ヒトのヨコを通り過ぎるときは常に小走りでフナ虫状態。

ヒト側も辛いが、ふわっとした気持ちで日々過ごせないあんこが一番辛いであろう。

寝ているところを起こしてしまい「しゃーっ」っと怒られた…悪いことをした |ω・`)
DSCF8762[1]


この間のワクチン接種時、キャリーに入れる際に逃げられ、焦って追い回したせいで
一気に二歩下がってしまった。

あんこの家猫化は1年くらいかかるのかもしれない。

きなこは最初っからふわっとさんだよね~。
DSCF8731[1]
(あら、里親計画あきらめた途端可愛いのが撮れた)

実はつい最近、譲渡会で知り合った方からのツテで、茶トラの子猫を探しているという
有難いお話しを頂いた。(ま、もう仔猫の域を出てしまった感はあるが…)

しかし、いまだにこんな状態のあんこをきなこと離すことにためらいがある上に
きなことあんこはもうすでにうちに一員になってしまっている。

…に、2か月という日々は長すぎた。

DSCF8730[1]
           おいらはどこに行ってもやってけるけど~♪

きなことあんこの里親探し失敗で学んだこと。
【早めに保護して早めに動く!】

ten2_2015100618040971c.jpg  
           まだやるつもり~?まじでぇ?
  そりゃ出会い次第です。ご迷惑おかけします…(。-_-。) ※猫と家族に謝っておく





11/03|きなことあんこコメント(8)トラックバック(0)TOP↑
本日、黒仔猫にとても良いご縁が結べた。

譲渡会会場に着いて、ほんの15分ほどで小学生の女の子とお母さんが
「黒仔猫」を抱っこし、そのままずっと30分ほど離さなかった。

写メを撮ったり、電話をしたり…その間もずっと黒仔猫を抱っこしたまま。

実は先週も沖縄市での譲渡会に参加したのだが、その時は誰にも抱っこして
貰えなかった黒仔猫。

ドキドキしながら見守っていると、その家族は黒仔猫を大切そうに抱っこ、
なでなでしながら受付に向かった。

そこで駆け寄り、詳しく状況を聞いてみると、1才になるメスの先住猫がいるお宅で
その先住猫は真菌で顔までハゲちょろけたところをきちんと通院して治療したとのこと。

猫にも詳しく、猫同士慣れるのも時間がかかるだろうから、柵越しで少しづつ時間を
かけて慣れさせるつもりとのこと。

黒仔猫には回虫が居たため、一週間前に虫下しを飲ませているが、先住がいるなら
来週末以降にもう一度検便が必要なこと等を説明すると、了解も頂けた。

黒仔猫も女の子に抱っこされ、近くで犬がワンワン鳴いているというのに
安心しきったようにリラックスし、最後の方はウトウトしていた。

聞けば、家は隣の市で結構近い。

先住猫との相性もあるので、トライアルもOKとは伝えたが、猫の生態、飼育にも詳しい
ご家族のようで、本当に良かった。


こた、幸せになるんだよ~(つД`)ノ (実は7匹目を覚悟し、密かに名前をつけていた…)
DSCF8719.jpg
              まかちょ~けぇ!





11/01|里親募集コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
本日、我が家ににゃんこ達が喜ぶ新アイテムが届いた。

大型キャットタワー!

DSCF7222.jpg


今までのタワーはせいぜい2~3匹用のサイズだったので、もう我が家にはそぐわないっ!
なぜなら6匹も居るからだ!

な・・・なんでだろ。なんで6匹にもなったんだろ・・・。

と、言うたびに「あんたが拾ってくるからです!」と家族から突っ込みが入る。
てへ・・・

しかし大枚はたいたこのタワー、黒仔猫(名前はあえて付けない)を保護する前に
ネットでぽちっとしてしまったもの。

黒仔猫を保護した後なら(豪華2段ゲージを購入後なら)、渋ってたかもしれない…。

ま、買ってしまったものはしょうがない!さっ、みなさんに楽しんで頂きましょう。

DSCF8681.jpg

DSCF8652.jpg

DSCF8714_2015103122501373d.jpg

DSCF8675.jpg

DSCF8651.jpg

みなさん気にいって頂けたようで、よかった。本当によかった。

良かれと思って大枚はたいたおもちゃやご飯を気に入って頂けず、がっくり・・・
ということが多々ある。猫飼いの「あるある」である。

ところで今日はきなことあんこと、その他にゃんこ2匹分の検便の日であった。
2回の服薬と必死の拭いたり、掃いたり、吸ったりの努力のおかげで、虫確認されず!

やったねかとちゃん!ぺっ!である。

             【あんこ、きなこに「ぐえっ」っとされるの図】
DSCF8361[1]    
ワクチンも無事、済ませてきたし、来月の去勢&避妊手術の予約もいれてきた。
忙しくてもひとつひとつ、着々と・・・だ。


明日は豊見城市の道の駅豊崎で「譲渡会」がある。片道1時間かかるが参加してこよう。
どうか、黒仔猫と良い里親さんの縁が結べますように。

DSCF8716.jpg
           僕も頑張る♪






10/31|にゃんこたちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
へ・・・ヘルプミィ~・・・

生後3か月くらいの黒毛で金目のぴちぴちの男の子が3日ほど前、
突如、庭に現れた・・・。

呼ぶとすぐに寄ってきて、撫でると頭をグリグリ押し付けにくるほど
人を怖がらず、ご飯を食べても去らない。

な・・・なので保護した(←馬鹿)

DSCF8611.jpg

今、きなこあんこで手一杯だし、6匹になったばっかだし、
なんで自分の首絞めるかな~と自分でも思います。はい。

でもね、もうそこそこの大きさで逃げてしまう子なら保護はしないが、
この子はヒトを怖がらず、膝に乗せるとグルグル甘えて降りようとしない。

ヒトと一緒に生活出来る子。
いや、ヒトと一緒に生活すべき子。

なぜなら、撫でられることで幸せを感じる子だからです。はい。


検便の結果、やはり回虫が居たのでしばらくゲージ暮らしをしてもらう
しかないが(もう空き部屋はない)、うちには小さなゲージしかなかったので、
ショップに走り、豪華2段ゲージを購入!(←大馬鹿)

最近、なにが起こったんだ~ってくらいお財布にも秋風が吹きまくっている・・・。

もうだれか、このバカを助けてくれはしませんでしょか?

ということで、再チャレンジで里親募集~!

DSCF8646[1]

DSCF8615[1]

僕はおりこうな黒猫!
名前は、まだない。
この世に生まれて、たぶん3か月ちょい。
どこかに僕の名前を付けてくれるヒトいませんか~♪


この子を家族の一員に迎えてくれるというあなたはこちらにご連絡を~(*´ω`)┛
※こちら沖縄本島です

bon5kg@gmail.com

※譲渡会にて里親さん見つかりました。


あ、術後のまんだらまんちゃんの様子だが、心配したのは何だったんだ?
ってほどの勢いで、手術翌日から毎日2食、ペロッと平らげている。

手術の傷も小さく、そろそろ引っ付くころかな。は~っ、もう安心!
やっぱりノラ子は逞しい!

DSCF8605.jpg
           あの先生、なかなかテクニシャンだわね~♥





10/26|里親募集コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今朝、まんだらまんちゃんをゲージに詰め込み、病院に預けてきた。
初めて(たぶん)ゲージに閉じ込められたまんだらまんちゃんは、鳴きまっくっていた。

はぁ・・・
しばし落ち込みながら家路につくと、こんな光景が繰り広げられていた。

DSCF8589[1]

はちこは、袋や箱LOVE猫。
捨てる予定の敷布団を入れた袋の結び目の隙間から入り込み、
一人、窮屈な空間を楽しんでいたようだ。

きなこは、そんな不思議な先輩ネコにロックオン!
袋の内側と外側からの攻防戦が繰り広げられていた。
窮屈な内側にいるはちこの行動は制限され、圧倒的不利。

猫ってバカだな~と和ませて頂いた。お二人さん、ありがとうよ。

そしてキャットタワーを見るとこの姿・・・。

DSCF8508[1]

さらにドン!

DSCF8505[1]

美ねこのバカ面・・・和ませてくれるわ・・・。

まんだらまんちゃん、明日お迎え。無事に戻ってきますように。



10/18|にゃんこたちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
実は少し前から「あんきな」の母、まんだらまんちゃんが再びやって来ている。

きなこあんこを人んちに置き去りにし、ふっつり行方をくらまし約1か月半。
もう妊娠中か育児中かと思っていたが、まんだらまんちゃんのお腹は
大きくなっていないし、お乳もなかった。
DSCF8573[1]
         はい。今回はその気になりませんでしたの
      そうですか。そりゃそうと、もちっと離れて頂けませんか…


まんだらまんちゃん…子育て中ではないのなら・・・
本当に済まないが避妊手術を受けてもらおう。

そう思いながら、なかなか実行できずにいたが、とうとう明日、
10月18日(日)手術の予約日がきた。

家ねこは人間の諸事情で当然のごとく去勢や避妊をさせられるが、
その代わり、飢えることもないし、雨風にさらされることもない。

敵に襲われる心配もないから安心してヘソ天寝だってできる。
おまけに下僕まで持つことができる。(下僕=人間)

DSCF7590.jpg
        今まったり中だからジャマすんなよな~
               
しかし外ねこにはそれらは与えられず、人間の都合だけで体にメスを入れられる。
まんだらまんちゃん、本当にごめんよ…

初めて庭に現れた時は、大きなお腹なのにガリガリで首は鶏ガラのようだったよね。
餌場を持たないノラ猫生活は、本当に厳しいよね。
家に入れてあげられなくてごめんよ。
もうキャパいっぱいなんだよ…

でもひもじい思いだけはさせないようにするから。
病気やけがの時は、面倒見させてもらうから。

言い訳をしながら、詫びる気持ちで毎度ご飯を差し出す。

ところでまんだらまんちゃん、キミの残していった子供たちのことだけどねぇ…
ノミと耳ダニとシラミ駆除がやっと終わったと思ったら、回虫条虫も3点盛りだったよ…

あんたにも絶対いるはずだから、レボリューションさせて貰ったよ。
ちびっと快適になってないかい?
DSCF8571[1]
            ん~よくわかんないわね~
       あの~カメラに近づくその性癖、きなこも受け継いでますよ~。

じゃ、まんだらまんちゃん明日…ね。


10/17|外ネココメント(2)トラックバック(0)TOP↑
え~、しばらくブログの更新は無理かと思います!

なぜならば、ついさっき、きなこあんこに「マンソン裂頭条虫・回虫・鉤虫」の
新たなる3点盛りが発覚したからであります!

3点盛り虫の発覚が遅れてしまった理由があるにはあるが、説明がややこしく
なるので、省いてしまおう。

とりあえずマンソンさんがいることは、少し前に発覚し、服薬で駆除中だったが
卵から他の猫に移ることのない特徴を持つ虫だったため安心していた。
そして先週土曜にあんきなのウイルス陰性(無し)の検査結果を受けてからは、
完全放牧していた。

回虫と鉤虫は卵から直で他の猫にも移るし、免疫力の低い子供や高齢者にも
感染し、悪さを働くこともあるらしい。

とりあえず駆除薬を6頭に飲ませ、トイレを毎日全とっかえ、水洗いして熱湯消毒、
部屋に散らばった可能性のある卵は感染力を持つ前に(一週間ほど)
吸ったり、拭いたり、洗い流したり、を繰り返し地道に行うことで再感染を防止!

こりゃ、これから大忙し~ (。Д゚; 三 ;゚Д゚)

という訳で、更新はしばらく途絶えるが、お知らせしときます。
もうあんきなはうちの子として育てること決定!
次の更新はタイトルも変更しとかねば・・・。

あ、あんこきなこは至って元気で食欲旺盛なのでご心配なく!

ではでは。
10/13|お知らせコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
うちの子たちの中で母ネコがわかるのは「あんきな」だけである。
ほかの子はあちこちで保護した猫なので、母猫も父猫もわからない。

面白いことを聞いた。
毛色や顔立ち、骨格などはもちろん父、母ネコそれぞれのDNAから
受け継がれるが、性格は父ネコで決まるらしいのだ。

猫の性格はまず大きく分けて2つ「大胆」か「臆病」。

もちろん育った環境でその度合いが強まったり、弱まったりするが、
父ネコが大胆なら「大胆」な子、「臆病」な父ネコなら「臆病」な子が
産まれるということらしい。

それがほんとなら、あんたたちのお父さんは違うのかも。種ちがいってやつ?
DSCF8281.jpg
      んなこと聞かれても・・・   アタチたちがわかる訳ニャいじゃない!
                  そりゃそうだ…


この近所で知ってるオス猫は、
人間にも猫にも超フレンドリーな「鼻くそはなちゃん(グレー×白)」と
DSCF7687.jpg
    「ハイ、はなちゃんですけど呼びました?」   ↑ ほぼ毎日遊びにくる…↑
            イイエ、呼んでません…

あとは他の猫たちから恐れられ、警戒心も強い「耳折れぼすお(サバトラ×白)」。

耳折れぼすおは、たま~にふらっとうちの庭に現れる。
前を通り過ぎただけでも、うちのオス2匹がえらいことになる。
もう興奮のるつぼ状態。
きっと耳折れぼすおは、常に体中から威嚇オーラを発散してるんだろう。

どちらかが父親か?それとも全く知らないやつか・・・

そうそうこないだの日曜、4度目の耳ダニチェックで無事、
根絶宣言を熊先生から頂いた。
シラミも2度のシャンプーとフロントラインでいなくなり、
晴れてうちの猫たちとご対面させてみた。

ウイルス検査がまだなので人の目の届く間だけだが、隔離部屋の扉を
開放すると、きなこはなんの躊躇もなく飛び出してきた。

そしてわかった。
きなこはかなりの世渡り上手であった。

●相手が受け入れてくれそうなら行く (対 にゃんこ先生)

●怒られれば速攻引く (対 黒豆)

●戸惑っている相手には伏せの状態で「く~ん」と甘え声を発し可愛さアピール
  (対 はちこと天之助)

1_201510062123054e6.jpg

相手の反応によって、ちゃんと自分の行動も変えている。
この柔軟さ、社交性・・・。

は~っ、空気の読めない誰かさんとは大違い・・・。

ten4_201510061804115ac.jpg
     あ、それって一番モテない典型的なやつだよね~

       あ・・・あなたのことですよ~
       お構いなしに突進してくから嫌われものになってるんですっ (`・ω・´)

猫の世界でも男は中身!天ちゃんの美貌は宝の持ち腐れ!

ちなみにあんこはというと隔離部屋を「出ては戻り」を繰り返しておりました・・・。




10/06|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
今までのブログを見返していて、ふと気づいた。
く、黒豆がでてこない…

黒豆は私の寝室に籠っていることが多いので、あまり写真がないのだ。
(寝室はキレイとは言えないので、意図的に撮らない)

おまけに黒豆は全てが「きっちりさん」で、でろんとした姿をあまり見せない子。
なのでカメラを向ける機会も少ないのかもしれない。

よし!今日は黒豆をクローズアップしてみよう。

〈特徴〉         
・座り姿が常に美しい。
  ※前足を隙間なくピタッとくっつけ、しっぽはクルっと巻きつける
DSCF6719.jpg
            またそばに来た…    なにかご不満あるかしら?

・用心深くお客さまの前には姿を現さない、いわゆる「まぼろし猫」
  ※病院では気配を消し石になる

・女子なのに一番デカい(6.2kg)
  ※うんちもハンパなくデカい

・大好きなにゃんこ先生にはかなり強引
  ※押しつぶし・突き飛ばし・突き落としが愛情表現
DSCF6578.jpg
              ぐ、ぐるじい…      余裕よっ

・黒猫だけあって頭がいい
  ※引くドア、押すドア、真ん中押すドア(折れドア)全てクリア

・エキセントリック気味
  ※興に乗った時のおもちゃの遊び方は、ちょっと引く)

・好きなもの→にゃんこ先生と人間(家族限定)
  ※ひと声呼べばどこに居ても小走りで登場

・嫌いなもの→天之助(うざいから)
  ※ってか、にゃんこ先生以外の猫はみんな苦手

大好きなにゃんこ先生とまったり中に天之助(チビ時代)乱入。
DSCF7487.jpg
             ガキはあっち行きなさいよっ   
DSCF7488.jpg
             こんのぉクソガキがぁっっっ

乱闘勃発。巻き込まれるにゃんこ先生はいい迷惑。

〈まとめ〉
黒豆は内弁慶で好き嫌いのはっきりした頭のいい子である。

DSCF7778.jpg
         そこに「美しい」も入れておくべきね
              ハイっ!かしこまりぃ!!


10/02|黒豆コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
/今朝の様子。午前8:30現在 晴れ 29.5℃
…したがって、朝飯の後はこうなっておりました(*´ω`)┛

DSCF8090.jpg
 に、にじゅうきゅうてんごどぉ…

DSCF7979.jpg
 風もない…

DSCF8496.jpg
 食いすぎた…
      そりゃ自業自得です。天ちゃん最近腹肉やばいよ。まだ1才だったっけ…

少し暑さが和らいできたかなと思っていたところへのぶり返し。
昼は33℃まであがるらしい。

ところで最近、あんきなの体格差が目立ってきた。
9/26時点
きなこ→2.25kg あんこ→1.95kg

きなこはガッチリ丸コロ、あんこは小柄で華奢。
やっぱ女の子はこうでなくっちゃぁ(´ω`人) カワエェ

DSCF8455.jpg
自分がでっかいから小柄女子に憧れてるニョか?  ホントバカでっかいわよね~
                 あ、あんこ…そんなキャラでいいの?!
09/30|にゃんこたちコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
・・・貯金のことではない(今回は)。
最近、あんこがめんこくてたまらない。

一見、可憐で女の子らしいがクールビューティ、高嶺の花の雰囲気をバンバン
醸し出しているあんこ。私の中であんこのイメージは「堀北まきちゃん」である。

彼女は未だに自ら寄ってきたり、甘えたりしてくれない。それどころか手を伸ばせば、
サッと身をかわして逃げていく・・・。う~ん、もどかしい。

           「きなこに突き飛ばされるので順番待ちの図」
DSCF8003.jpg

しかし、少しづつでも日々進歩は確実にある。

当初は、きなこがゴロゴロと甘えていても、あんこは離れたところでうずくまり、
こちらを見ようともしなかった。
それが最近は「にゃ」と甘えた声を出して少し離れたところまでやって来て、
その場所で床をフミフミしている。
この姿がたまらないたらありゃしないである。

DSCF8025.jpg


最近「押せ押せ作戦」で1日1回は、無理やりだっこしてなでなでしている。
が、気持ちよさそげな顔は全くしてくれない。
簡単には落ちないオンナ「あんこ」。

よし!高嶺の花「まきちゃん」を見事落とした山本耕史のように、
押せ押せ(たまに引け)で、あんこのハートを落としてみせる!

・・・しかし、もしや初めて可憐な女子猫に出会ったのかも。

「黒豆」「はちこ」には、えげつない気の強さがあり、この2匹のせいで
「メス猫=逞しい」のイメージがこびりついてしまった。

ちなみに「オス猫=ちょっとバカ」  (↓嬉しそう↓)
DSCF7435.jpg
                   えへへ♪

                イイエ、褒めてませんから・・・Σ(ω |||)



09/25|きなことあんこコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
何を隠そう、うちの猫たちは「お手」ができる。

一番最初に覚えたのは、今は亡き「ぼん太郎」。おやつで釣りながら特訓すると、
案外すんなり覚えた。
黒豆もはちこもあっさりできるようになった。
hatiko ote
       やればできる子ってやつね!背筋ぴんっよ!

おやつを左手に持ち、見せながら「おて!」と手を出すと、スチャっと見事な
お手をする。
たまにおやつを持つのが面倒で、「持っているふり」だけでも、おやつで頭が
いっぱいになり冷静さをかいた(食い意地のはった)猫は騙される。
何度でも騙される。しかし、そのあと怒られるのでおすすめはできない。

にゃんこ先生は食への執着心が薄いので、特訓の時点で「ふぅんっ(もうイヤっ)」
とそっぽを向いた。
天之助はまだ落ち着きがないので教えていないが、食い意地が張っているので
きっとすぐ覚えるだろう。

食い意地の張っている子ほど、覚えがいい。
食への執着心がすさまじいぼん太郎とはちこなどは、右手を出していないのに
左手をあげた時点で「フライングお手」をするので、出した前足の置き場がなく
宙をカキカキしていることもよくある(あった)。

お手の後もすんなりおやつをあげないでいると、手のひらをぐいぐい押してくる。
その時の目線は常に左手のおやつ。おやつから絶対に目を離さない。

きっとここが犬との違いだろう。
犬は飼い主に褒められたくて「芸」をする。キラキラと光る眼で見つめるのは
飼い主の目、猫はおやつのみ。
「あいさつ」にも書いたが、私は犬が好きだ。今でもいつかでっかい犬と一緒に
暮らしたいと思っている。

でも今なぜか猫が4匹、いや6匹もいる・・・ままならない。

昨晩のきなことあんこ。
ヒモのおもちゃに大興奮の2匹は限界の向こう側まで部屋中を駆け、飛び、回転し、
最後はこの姿。
DSCF8316[1]
     あちらに逝きかけたっちゅ!   あれが三途の川ってやちゅね・・・
DSCF8292[1]

そうか、逝きかけたか。しかしここまで伸びるかな。
注 : 右上の黒なまこが「あんこ※顔面」です。




09/19|にゃんこたちコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
まるで「まいにち修造」のようなタイトルだが、きなことあんこのことである。

なんとか少しでも可愛く見えるお見合い写真を撮ろうと毎日頑張っているのだが、
レンズを向けるとあんこは目を見開いたまま固まり、きなこはうねうね甘えるか、
突進してくるか、だ。
いや、あんこも少し慣れてきて、ねこじゃらしでを出すと戦闘モードになるのだが、
それでは被写体としては、ちと困る。

kina5.jpg

もっとヒトの心をワシヅカミするようなラブリーポーズをちょうだいしたいのである。

そんなシャッターチャンスを狙うには、もっと隔離部屋に籠りたいところだが、これでも
なかなか忙い。

おまけにおおらかなはずのにゃんこ先生が、意外にもいじけるのだ。
ほかのにゃんこをなでたり、ブラッシングしていて「ハッ」っと振り返ると、ジトッと
した目で見つめるにゃんこ先生と目が合うことが多々ある。
慌てて「先生もおいでぇ~」っと呼ぶのだが、普段なら呼ぶと速攻小走りで来るのに、
こんな時はジトッとした目で見つめるばかりで動こうとしない。
そしてやっと3度目あたりの声掛けで「ふぅんっ」と鼻を鳴らして小走りで駆けてくる。
私の心の耳には「もぅバカバカばかっ!」っと言っているのが聞こえる。
・・・ふ、手のかかるカワイイやつめ。

DSCF7203.jpg
          
なので子猫部屋に入る時は辺りを見回し、先生の目が無いことを確かめる。
すっかり長居してしまった時は、うしろめたさ満載で足音を忍ばせ、そっと部屋を出る。
まるで愛人部屋に出入りするかのようなこのスリル感。

ところで今日は夏休み初日。
朝から「きなあん」の耳ダニ退治のため病院に行ってきた。
嫌がる彼女を無理やり拉致し、車に乗せ、恐怖のため石のごとく固まっているところを
おじさん(先生)に耳をほじほじされ、少し縮まっていた彼女との距離がまた遠く離れてしまった・・・。

【今日の精一杯】
kinaan.jpg
 ほじほじ気持ちよかった~♪   クマのようなおじさんにほじほじされたのよっ💀

最近、はちこも「構え~」アピール。ひざの上では先生が「なでれ~」。
うつっていないが隣には黒豆が「お尻を叩きなさいよ」と寝転ぶ。
そして今、天之助は椅子で爪をとぎ、フラストレーション発散中・・・。
hatinyan.jpg

みんな、ごめんよ・・・。
09/11|きなことあんこコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ひさびさの更新・・・いや8か月ぶりというのはひさびさではもう済まない。

5匹のにゃんヒストリーを綴ったところで、すっかり満足感を味わってしまい、
更新する意欲を見失っていたが、ただ今ブログタイトルを変更しなければ
ならないかもしれない事態になっております。

現在、うちには6匹居ます・・・はい。2匹増えております・・・はい。

いやっ!でもこの子達は大切に可愛がってくれる新しい家族を探す!と心に誓って
保護したのであります!!!

この子たち↓(きなことあんこ)
ankina.jpg

事の始まりは、4月中頃。
庭に痩せたお腹の大きなにゃんこが現れた・・・。

こんな時どうします?皆さんならどうします???

とかくノラ猫への餌やりについてはいろんな意見がある昨今だが、目の前に
ガリガリに痩せたノラ妊猫が居たら?!

「ありぃ~こんなに痩せてっ!これはもしや赤ちゃんか?赤ちゃんがいるのか?
腹減ってるだろうよぉ、食べなさい食べなさいっ!頑張れよぉぉ!!」

私はこうなってしまった・・・。
いや、動物好きな人ならきっと皆こうなるはず。

そうなると、この子は毎朝、毎晩うちに通うようになり、食べ終わるとご機嫌で
さっさと去って行き、ねぐらはどこかわからない。

もちろん、ご飯をあげるからには責任も果たさなくては・・・と覚悟はした。

ベストなのは、お腹の大きなうちに保護して安全な屋内で出産させることだが、
その頃「天之助」が生後半年にして早々と発情期を迎え、スプレー行動まで
始める始末。
去勢は1才くらい、涼しくなった頃に~とのんびりしていたのに天之助、まさかの早熟!
先輩2匹は、スプレーも発情もなく1才過ぎまで余裕だったのにぃ・・・
ten3.jpg
    プリンスと庶民との違いっすね~
        うん、きっとそうだね・・・。鼻くそ無くなってよかったね・・・。

慌てて病院に予約を取ったが、諸事情で6月半ばまで手術できずで、その頃の我が家は
天之助のスプレーと発情テンションにほかの子たちまで落ち着きを失くし、なかなかの
パニック状態だった。

そんなこんなで、保護⇒出産はあきらめ、出産⇒保護で、「まんだらまんちゃん(サビ猫だったのでそう名付けた)」には自力で頑張ってもらうことに。

そして5月の初めころ、ぺったんこのお腹になってやってきた「まんだらまんちゃん」。

「う、産まれたのか~っ!どこで何匹産んだのよぉ~~~?」
・・・答えるはずもなく一心不乱に餌を食う。
尾行してねぐらをつきとめようとしたが、いつもヒョイっとまかれてしまう。

とりあえず、毎日2回はご飯を食べに来るので、仔猫が歩けるようになったら
連れてきてくれるだろうと待っていると、2ヶ月ほどのちヨチヨチ歩きの茶トラと
母にそっくりなサビチビを連れてきた。
産まれたのが2匹ということは無いはずで、2匹しか育たなかったのであろう・・・。

このチビたち、なるべく小さいうちに保護したかったが、親子でまったりしている
光景を見ると踏ん切りがつかず、おまけにあんこだけがなかなか人間に慣れず、
ズルズルと日が経ち、とうとう子離れの時期が始まってしまった。

仔猫がお乳を吸おうとすると、まんだらまんちゃんは断固拒否。仔猫に向かって
「シャーッ」などと情け容赦もない。仔猫はキョトンとした顔で母と距離を取っている。
胸がギュッとなる光景であった。

それでもしばらくは、3匹連れ立ってきていたのだが、ある日を境に仔猫だけが
来るように・・・。まんだらまんちゃんは、それきり姿を現さない。

ここは南国沖縄。聞くところによると年に3回は妊娠するらしい。
最初に庭に現れた時のまんだらまんちゃんの姿は大きなお腹とは反対に体は
痛々しいほどに痩せていた。
人間の保護がない、特定の餌場を見つけられない子が妊娠すれば、こんな状態に
なるのか・・・。

また妊娠するんだろうな。いや、もうすでにしていたのかもしれない。

あんこときなこは最初は寂しそうにしていたが、2匹で仲良く遊び、お腹がぽんぽこ
りんになるまでご飯を食べ、庭の花壇をトイレと決め、すっかり庭猫。
が、まだあんこは警戒心が強く、人間が近づくと逃げようとする。

しかし、いつまでも庭猫にしておくわけにはいくまいっ!居なくなったら後悔MAXだ!
きなこは人間大好き、うなうな寄ってきてはゴロゴロ喉を鳴らすほどなので簡単に捕獲。
問題のあんこも豪華缶詰で釣り、あっさり捕獲成功。

しかし兄弟で同じように育ったはずなのに、こんなにも性格が違うものなのか・・・。

いきなりのシャンプーにもきなこは気持ちよさそうにされるがまま。
あんこは怖くて固まり、されるがまま。
保護部屋に入れると、部屋を一回り探検した後、いきなりど真ん中の座布団の上で
ヘソ天寝するきなこ。
部屋の隅のテーブルの下に隠れ、目を真ん丸にしたまま固まるあんこ。

やっと猫じゃらしに反応するようになっても我に返るとこの表情・・・
DSCF8030.jpg
     やだ・・・このおばちゃんに殺されるぅ・・・

翌日、耳が汚れているのが気になり病院に連れて行くと、やはり耳ダニ。
もちろんノミ付き、おまけにシラミの3点盛り!なかなか景気のいい話である・・・。

困ったことに耳ダニはレボリューション、シラミはフロントラインしか効かないとの
こと。なのでフロントラインでノミ・シラミを退治、耳ダニは週一通院し洗浄&耳に
つける薬で治療することになったが、根絶まで1ヶ月はかかるらしく、里親探しに
可愛い盛りは過ぎてしまう・・・。

でも大丈夫!絶対に終生家族として可愛がってくれるヒトを見つけるから!
(できれば兄弟セットで)と、ぼんおばちゃんはもうブレないのである!

信じて行動すれば道が開けるのだ!!(いま必至で自分に言い聞かせている)

もし万が一、見つからなければ「6匹もいる!」にブログ名を変更することになるだけだ!
・・・い、いやっそれはちょっとまずいので家族探しをあきらめない!!

がんばるからね!ぼんおばちゃん頑張るからねっ!!先生も応援してねっ!
sensei2.jpg
    かぁなり混乱してるみたいですけど・・・だいじょぶぅ~?

う・・・ま、まずは3点盛りを根絶だ~!!

hachi1.jpg
               あたいは関係ナ~イ!
           はちこ・・・りっぱな鏡餅ケツだね・・・
09/08|きなことあんこコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
天之助は、うちに来てまだ3か月半。
なので性格的にどう育つのか、まだまだ楽しみなところであるが、今のところ
結構な気性の持ち主っぽい。面構えも不敵である。
65.jpg
              俺プリンスだから

黒豆やはちこに「ヴーッ」とうなられても、全くお構いなしに飛び掛かっていく。
後ろ足や首根っこに齧り付く姿は、仔猫といえども相手の急所をよく知っているな~
と感心する。優しい先生に対しては、もうやりたい放題し放題。

少し将来が心配される天之助との出会いは仕事帰り、車がビュンビュン走る国道の路肩。
信号待ちで止まった時に仔猫の鳴き声が聞こえた気がした。

まさか?と外を見るとちっさいちっさい仔猫がヨタヨタしている。
ひぇ~~~~こんなところにっ!っと思った瞬間、信号が青に変わり発信せざるを
得なかった。
慌てて車が止められる場所まで移動し、走ってその場所まで戻ると歩道の植え込みに
うずくまっていた。
69.jpg 
              

ちょうどぼん太郎が旅だって4か月、もう増やすまいと思ってる反面、心にぽっかり穴が
できていた時だった。今、出会ってしまったら無条件に連れ帰ってしまうだろうな…
と思っていた矢先の出来事だった。

案の定、そのまま病院に直行した。
生後1か月ほどで男の子。「ぼんちゃんと同じ♂か~」と顔はほころんでいたと思う。

しかし、そのあとが大変だった。天之助は真菌とコクシジウムを飼っていたのである。
先生から、とりあえず他の猫との1か月の隔離を言い渡された。

 70.jpg
             だから~俺、プリンスだから

真菌用の塗り薬とコクシ退治の飲み薬を続けたがなかなか良くならず、毎日部屋の
掃除をし、布類は熱湯とハイターの両刀漬けにしたりと大忙しだった。
空気清浄機や真菌にも効果があるという除菌スプレーも購入した。
おまけに日々成長し、どんどんやんちゃになる天之助さまの遊び相手を毎朝1時間
早起きし、務めさせて頂いた。

結局、同部屋GOサインが出るまで二か月近くかかったが、天之助のもっと遊びたい~、
部屋から出たい~!という欲求はもう限界まで達しようとしていたので、
本当にほっとした。
63.jpg
                俺プリンスなのに…

大人猫たちと一緒になってからの天之助は、もう嬉しくて嬉しくてしょうがない様子で
そのはしゃぎっぷりは天井知らず…。
おまけにものすごい食欲で成長も早い。小柄なはちこなどは、差し込まれて逃げ回って
いる。ごめんよ…はちこ。
72.jpg 
                 とぉりゃぁっ~


天之助だが、どうやらちょっと上等猫の血が混じっているような感じがする。
模様はアメショでお馴染みのクラシックタビーで、耳毛はふさふさ。
きりっとした顔立ちで口元が四角く、なんとなくメインクーンを彷彿させる。
いや、メインクーンを写真でしか見たことがないので、頼りないカンではあるが、
どうも何をしていても気品が漂っている(気がする)。
67.jpg
           やっぱ俺プリンスね(鼻くそ付いてるけど)

ぼん太郎と先生はおまぬけで可愛い。黒豆はツンデレで可愛い。はちこは庶民的で
ちょっと不憫な雰囲気が可愛い。
みんなそれぞれ可愛いよ~。見た目じゃないんだよ~と、天之助を可愛がったあとに
慌てて3匹に言い訳する…これがそもそも贔屓であると反省。

しかし、天之助との出会いは、いつもなら通らない時間帯、いつもなら使わない帰宅路、
であった。そしてあの信号にかからなければ、車の窓を開けていなければ出会わなかった
はずだ。本当に偶然が重なった。

ひ弱そうな仔猫だったので(現在はとんでもないが)、天国にいるぼん太郎にも助けて
もらって元気に育ちますように・・・との思いで「天之助」と名付けた。


プリンスなのはわかったから天ちゃん、あんまりはちこをいじめないでやって下さいな。
71.jpg
          コイツ、まんまるでおもしれぇ~んだよな

01/25|にゃんヒストリーコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
はちこは、少しかわいそうな子のような気がしてならない。
まさに兄弟が多い中での「中間っこ」のような感じ。

中間っこ…それは上の子ほど構われず、下の子ほど甘やかされず、すこしやさぐれた
風情で「いいから!一人でも生きていけるからっ‼」ってなイメージ。
カメラ、うざっ 
いや、多くの親は子供はみんな平等に可愛いというが、猫飼いとて同じ。
みなそれぞれ個性があって、それぞれ可愛い。
が、確かに構ってあげる時間が少なかったような~
名前もみんなと比べて適当につけたような~…と正直うしろめたさも感じている。

はちことの出会いは、近所の店舗のゴミ捨て場。
すんごい大声で「みゃーみゃー」鳴いていた。周りに親らしき猫も居ないし痩せていた。
 飯食わせろ~~  
しかしその頃、ぼん太郎が加齢と共に往年のフレンドリーさが薄れ、少し気難しくなり
おまけに黒豆とどうも馬が合わず、少しピリピリムード。
ぼんじぃさんに更にストレスを与えるのは…と思い、保護して里親を探すつもりだった。

なので先生に事情を説明し、年齢的に早いが検査をお願いした。
その結果、猫エイズ陽性。もう、どうしたものかと悩みましたよ…。

実は先輩3匹は、猫エイズも白血病も検査したことがなかった。
お恥ずかしい話だが、その当時、私に知識がなかったからである。

ぼん太郎と先生は1匹飼いスタートだったが、なんの検査もせず黒豆を先生と合流させ、
無事なんともなかったのは幸いであった。

はちこの検査結果を受け里親探しは諦め、うちで引き取ることに決めたはいいが
他の3匹との同居をどうしたものか、ネットでも情報を集めた。
この大きい猫が勝手に来たのっ
キャリアの子とそうでない子は別室で生活させて万全の策を取っている方もいるし、
最低限の注意で一緒に生活させている方もいる。

悩みに悩んだ末、お皿や水の共有を避け一緒に生活させる方を選択した。

子猫の場合は生後半年経たないと、本当の結果は出ないことに一縷の望みはある。
が、もちろん半年後も陽性である覚悟も持ち、はちこの同居生活はスタート。

結果…
2回目の検査、がっくしの「陽性」

3回目の結果、まじっすか~~~の「陰性」

いやはや、スタートから人騒がせなはちこであったが、よかったよかった!
別に寂しくなんかないからっ 
          別に一人でも生きていけたけどねっ
01/15|にゃんヒストリーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
にゃんこ先生と黒豆は、半年ほどしか年は違わない。
なのに黒豆はにゃんこ先生を母のように慕う。(いや先生は♂だから…)
それほど先生は優しいのだ。
何をやっても許してくれる。諦めて譲ってくれるから黒豆は調子に乗る。
「動かないでっ」「はいぃ…」 
 先生との出会いは当時住んでいたマンションのゴミ捨て場。
まだヨコ耳の生後2~3週間ほど、可愛くて小さな子猫だった。

その時、私は実家を離れ一人暮らし。(ぼん太郎は実家に残していた)
すぐさま部屋に連れ帰り、子猫用ミルクと哺乳瓶を飼いに走ったのをつい最近のことのように思い出す。
 満腹ですぅ   
黒豆との出会いは、その約半年後。

当時の勤務地であったダム周辺の山中で木の根っこをかじっていた所を巡視中に
見つけられ管理所に連れ帰られえる。生後2か月ほどだった。
しかし、引き取り手がなく、私も先生を拾ったばかりで余裕がなかったため、
どうしたものかと悩んでいるうちにGWが近づき、途端に梅雨入り…。
とりあえず休み中だけでも、と連れ帰ったのが現在まで至っている。

ハングリーぢゃないと生きる資格なしっ 
こういっちゃ悪いが、黒豆は目つきの悪い不細工な子猫だった…。

山中でどれくらいの間、一人でいたのかわからないが、山の暮らしが彼女をそうさせた
のか、はたまた生まれつきなのか、逞しい子猫だった。
1日でネズミのおもちゃの皮を剥ぎプラスチックの塊にさせたし、ヒモで遊べば食いつい
て離さず、魚釣り状態で空中をブラブラしていた…。

先生とは全く対照的な子猫で、それはそれで面白かった。

先生もまたぼんちゃんと同じく、♂なのに(生後半年なのに)黒豆にお乳を吸われ、
されるがままになっていた。
あたしを守りなさいっ     
黒豆はお客が来るとダッシュで隠れる少し神経質な子に育ったが、先生への強引さは
昔も今も変わらない。

何人たりとも渡さないわっ 

先生を好きにしていいのは、あたしだけ~と思ってるに違いない。

美しいって罪よね  
              美しく育ったでしょっ
                 はいぃ…

01/14|にゃんヒストリーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

ぼん

Author:ぼん
のぞいてくれてありがとう。
ゆっくりしてってね~。

ねこたち

***あの世組***

ぼん太郎

ぼん太郎・♂・1995年9月→2014年6月20日(享年18歳10か月):病院で中性的だね~とおねぇ疑惑をかけられたことがある


***この世組***

にゃんこ先生

にゃんこ先生・♂・2004年9月
やんちゃだが小さなことは気にしないおおらかさが受けて全猫に慕われる(好き勝手にされる)


黒豆

黒豆・♀・2005年4月
強引でびびり~。にゃんこ先生を母?としたいやりたい放題。怒ると美川憲一のような顔になる


はちこ

はちこ・♀・2011年10月
独立心旺盛で強気なのにびびり~。小柄だが日に日に鏡餅のような顔と体型に近づいている


天之助

天之助・♂・2014年10月
ピカイチの美形だが空気が読めず年上ネコ達に嫌われる。残念な子。


きなこ

きなこ・♂・2015年5月
天真爛漫、世渡り上手のこれぞ茶トラ。あんこの兄(弟?)


あんこ

あんこ・♀・2015年5月
ガラスのココロでまだまだ家猫修行中。きなこの妹(姉?)

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。